生年月日データベース

野沢協のざわきょう

フランス文学者[日本]

1930年 2月1日

2015年 11月18日 死去

野澤 協(のざわ きょう、1930年(昭和5年) - )は、日本のフランス文学者。
17・18世紀フランス思想史を専攻。
神奈川県生まれ。
1953年(昭和28年)東京大学仏文科卒。
元東京都立大学教授。
駒澤大学でもフランス語講師を勤めた。

1960年代には白水社の文庫クセジュなどで社会的傾向の強い著作の翻訳を多く手がけたが、1970年代以降、フランス啓蒙主義の研究に邁進。
ポール・アザールの大著『ヨーロッパ精神の危機』やグレトゥイゼン『ブルジョワ精神の起源』などを次々に訳す。
さらに70年代後半からライフワークともいえるピエール・ベールの個人全訳に着手。
1997年に完結し、同年度の日本翻訳文化賞(第34回)を受賞した。

旧制浦和高等学校 (旧制) 浦和高等学校時代からの友人に澁澤龍彦がいる。

■ 関連書籍

連想語句
  • フランス
  • 日本
  • 東京大学
  • 翻訳
  • 訳書
  • アザール
  • ピエール
  • ベール
  • ポール
  • 主義
  • 受賞
  • 啓蒙
  • 学校
  • 文化
  • 文学者
  • 新之助
  • 旧制
  • 東京都立大学
  • 法政大学出版局
  • 浦和
  • 澁澤
  • 田辺
  • 田邊
  • 白水社
  • 社会
  • 神奈川県
  • 科学
  • 精神
  • 野沢尚
  • 駒澤大学
  • 高等
  • 龍彦
  • クセジュ
  • クローデル
  • グレ
  • ゼン
  • トゥイ
  • フランス語
  • ブルジョワ
  • ヨーロッパ
  • ライフ
  • ワーク
  • 京都大学
  • 仏文科
  • 個人
  • 全訳
  • 助教授
  • 危機
  • 友人
  • 叔父
  • 同年度
  • 名誉教授
  • 大著
  • 完結
  • 専攻
  • 年上
  • 後半
  • 思想
  • 教授
  • 文学部
  • 文庫
  • 方面
  • 昭和
  • 時代
  • 着手
  • 祖父
  • 脚本家
  • 著作
  • 講師
  • 起源
  • 農学部
  • 邁進
  • 野澤
  • 鎌倉市
  • 長男