誕生日データベース

ジョナ・ロムーJonah Tali Lomu

ラグビー選手[ニユージーランド]

1975年 5月12日

2015年 11月18日 死去
ジョナ・ロムー - ウィキペディアより引用

ジョナ・ロムー(Jonah Tali Lomu,MNZM,1975年5月12日 - 2015年11月18日) は、ニュージーランド出身の元ラグビー選手である。
ポジションはウィング(WTB)。
トンガの家系をもちオークランドに生まれる。
オークランドのウェズリーカレッジ卒業。
「暴走機関車」「空飛ぶ巨象」と呼ばれ、WTBとして活躍。
高校時代からニュージーランドU-17代表、U-19代表、U-21代表を経て1994年には史上最年少の19歳でラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)に選出される。
オールブラックスでは63キャップ、37トライ、ワールドカップ15トライを記録。
1995年のラグビーワールドカップへ出場するも決勝戦で南アフリカに敗れ準優勝に終わる。
ロムーは同大会で7トライをあげトライ王に輝く。
1996年の南アフリカツアーに参加するも、怪我とネフローゼ症候群に悩まされ、1997年シーズンは数試合に出場するも、残りの試合を欠場。
1998年コモンウェルスゲームズ7人制ラグビーニュージーランド代表として出場し金メダルを獲得する。

元ラグビー選手。1975年5月12日、トンガ人の両親の元、ニュージーランドのオークランドに生まれる。94年、ニュージーランド代表(オールブラックス)として史上最年少(19歳45日)でデビュー。95年、ワールドカップ南アフリカ大会で7トライ、99年のワールドカップウェールズ大会では歴代最多タイ記録となる8トライをマークした。ワールドカップ通算15トライは歴代最多タイ記録であり、代表通算では63試合に出場し37トライをあげた。196センチ・110キロ超の巨体で100メートルを10秒8で走るウィングとして「暴走機関車」と呼ばれた。2003年、腎臓病(ネフローゼ)の治療のため戦列を離れ、04年、腎臓移植手術を受ける。05年に復帰したが07年引退。09年からは19年ワールドカップ日本大会の親善大使を務めた。15年11月18日、死去。享年40。 (2015-11-24) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ニュージーランド
  • ラグビー
  • 代表
  • オークランド
  • オールブラックス
  • チーム
  • トライ
  • トンガ
  • ポジション
  • 所属
  • 私生活
  • 関連
  • ウィング
  • ウェズリー
  • カレッジ
  • キャップ
  • クォーター
  • スリー
  • バック
  • ワールドカップ
  • 出身
  • 卒業
  • 史上
  • 家系
  • 巨象
  • 年少
  • 時代
  • 暴走
  • 機関
  • 活躍
  • 記録
  • 選出
  • 選手
  • 高校