誕生日データベース

世界せかい

ダンサーミュージシャンEXILE[日本]

(本名・山本世界)

1991年 2月21日

世界 - ダンサー、ミュージシャン・EXILE

世界(せかい、梵: loka-dhaatu、羅: Mundus ムンドゥス、英: World)とは、 (仏教用語、loka-dhaatu) 宇宙の中のひとつの区域で、一仏の教化する領域。
例:「三千大千世界」「娑婆世界」 地球上の人間社会のすべて。
人間の社会全体。
限定された社会ではなく、全ての社会の集合、全人類の社会を指す。
地球上の全ての国。
万国の意。
特定の一国ではなく全ての国々ということ。
報道・政治等で多用される用法。
例:「世界政治」「世界経済」「世界の歴史」「世界人口」「世界の地理」。
類義語に「国際」や「グローバル」。
人の住むところ。
世の中。
類義語に「世間」。
同類の者の集まり、またその社会。
例:「学者の世界」「役者の世界」「芸術家の世界」 特定の文化・文明を共有する人々の社会やそのまとまりを指す。
「キリスト教世界」「イスラム世界」。
また「第一世界」「第二世界」「第三世界」のように冷戦体制下で見られた陣営ごとの国々のまとまりを指すこともある。
すべての有限な事物や事象の全体。
宇宙。
特定の範囲。
例: 「勝負の世界」 歌舞伎や浄瑠璃で、特定の時代・人物による類型。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

】 《7が原義》1地球上のすべての地域・国家。「世界はひとつ」「世界をまたにかける」2自分が認識している人間社会の全体。人の生活する環境。世間。世の中。「新しい世界を開く」「住む世界が違う」3職業・専門分野、また、世代などの、同類の集まり。「医者の世界」「子供の世界」4ある特定の活動範囲・領域。「学問の世界」「芸能の世界」「勝負の世界」5歌舞伎・浄瑠璃で、戯曲の背景となる特定の時代・人物群の類型。義経記・太平記など、民衆に親しみのある歴史的事件が世界とされた。6自分が自由にできる、ある特定の範囲。「自分の世界に閉じこもる」7《〈梵〉lokadhātuの訳。「世」は過去・現在・未来の3世、「界」は東西南北上下をさす》仏語。㋐須弥山(しゅみせん)を中心とした4州の称。これを単位に三千大千世界を数える。㋑一人の仏陀の治める国土。㋒宇宙のこと。8このあたり。あたり一帯。「―暗がりて」〈竹取〉9地方。他郷。「―にものし給ふとも、忘れで消息し給へ」〈大和・六四〉10遊里などの遊興の場。「京町に何かお―が、おできなすったさうでござりますね」〈洒・通言総籬〉 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 社会
  • 人間
  • 全て
  • 特定
  • すべて
  • イスラム
  • キリスト教
  • グローバル
  • 世間
  • 人口
  • 人類
  • 全体
  • 国際
  • 地理
  • 宇宙
  • 政治
  • 歴史
  • 第三世界
  • 経済
  • 類義語
  • ところ
  • 万国
  • 事物
  • 事象
  • 人々
  • 共有
  • 勝負
  • 同類
  • 国々
  • 地球
  • 報道
  • 多用
  • 学者
  • 役者
  • 政治等
  • 文化
  • 文明
  • 有限
  • 用法
  • 範囲
  • 芸術家
  • 限定
  • 集合