生年月日データベース

大楠道代おおくすみちよ

女優[日本(中国)]

(別名義・安田道代)

1946年 2月27日

大楠道代 - 女優

大楠 道代(おおくす みちよ、1946年2月27日 - )は、日本の女優。
中華民国天津市出身。
旧姓は安田。
来歴・人物 武庫川女子大学附属中学校・高等学校を経て、武庫川学院短期大学国文科に進学した。
1964年、大学在学中に日活にスカウトされ、在学のまま吉永小百合主演の映画『風と樹と空と』で本名の安田 道代でデビュー。
翌年、知人に勝新太郎を紹介され、勝にその才能を惚れ込まれて大映と正式に契約。
短大を中退し、本格的に女優に専念。
大映宣伝部は山本富士子の再来と大々的に売り出す。
入社第1作は若尾文子主演の『処女が見た』で、勝の実兄の城健三朗と共演した。
これが成功してスター女優として歩みだす。
城とは実生活で恋仲になったという。
1967年、『痴人の愛』でナオミ役を演じたのをきっかけに、青春スター路線から異色演技派女優に転身。
1968年から1969年にかけて低予算の「秘録おんな」シリーズ、「関東おんな」シリーズなどの「エログロ・異色時代劇路線」と呼ばれる一連のシリーズに主演。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    若い時計台 (MEG-CD)
    歌手
    発売元
    日本クラウン株式会社
    発売日
    新品価格
    ¥ 1,080 より
    中古商品
    より

おおくす-みちよ 1946-昭和後期-平成時代の女優。昭和21年2月27日中国天津生まれ。昭和39年安田道代の本名で日活映画「風と樹と空と」でデビュー。40年大映に入社,「氷点」「痴人の愛」などで,若尾文子につぐ看板スターとして活躍。46年フリーとなり,51年大楠祐二と結婚。55年「ツィゴイネルワイゼン」に出演し,56年キネマ旬報助演女優賞。24年毎日映画コンクール田中絹代賞。出演作品はほかに「顔」「赤目四十八瀧心中未遂」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 映画
  • 武庫川女子大学
  • アカデミー賞
  • キネマ
  • コンクール
  • テレビドラマ
  • ブルー
  • リボン
  • 中学校
  • 出演
  • 受賞
  • 学校
  • 日本
  • 旬報
  • 毎日
  • 演劇
  • 附属
  • 音楽
  • 高等
  • 国文
  • 学院
  • 安田
  • 武庫川
  • 短期大学