誕生日データベース

フランチェスコ・ロージFrancesco Rosi

映画監督脚本家[イタリア]

1922年 11月15日

2015年 1月10日 死去
フランチェスコ・ロージ - ウィキペディアより引用

フランチェスコ・ロージ (伊: Francesco Rosi, 1922年11月15日 - 2015年1月10日) は、イタリアの映画監督・脚本家である。
1922年、ナポリに生まれる。
法律を学んだが、映画監督を志し、1948年頃からルキノ・ヴィスコンティの下に助手として弟子入りし、1950年代前半にかけて助監督を務める。
カモッラのボスのエピソードに基づいた1958年の『挑戦』で知られるようになる。
戦後の崩壊したイタリアを扱った1962年の『シシリーの黒い霧』でベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)を受賞。
翌年1963年の『都会を動かす手』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞。
1972年の『黒い砂漠』でカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞により 世界三大映画祭の全てで受賞を成し遂げた。
さらに1979年の『エボリ』でモスクワ国際映画祭金賞を受賞した。
ネオレアリズモの社会派ドキュメンタリーの手法を取り入れ、ピエル・パオロ・パゾリーニやタヴィアーニ兄弟、ヴァレリオ・ズルリーニやエットーレ・スコラらと共に、1960年代から1970年代のイタリア映画のポストネオレアリズモを代表する存在となる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

Francesco Rosi イタリアの映画監督。 1922年11月15日、生まれ。2015年1月10日、死去。 1962年、「シシリーの黒い霧」でベルリン国際映画祭の銀熊賞(監督賞)を受賞。 1963年、「都会を動かす手」でベネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞。 1972年、「黒い砂漠」でカンヌ国際映画祭の最高賞「パルムドール」を受賞。 社会派の問題作を数々発表した後、1979年の「エボリ」より文芸作品に中心に取り組むようになった。 舞台は長らく手掛けていなかったが、近年は舞台演出などもこなしていた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 監督
  • 映画
  • イタリア
  • カモッラ
  • シシリー
  • ナポリ
  • ベルリン
  • ルキノ
  • ヴィスコンティ
  • 作品
  • 勲章
  • 国際
  • 脚本家
  • 銀熊賞
  • エピソード
  • ボス
  • 前半
  • 助手
  • 助監督
  • 受賞
  • 崩壊
  • 弟子入り
  • 戦後
  • 挑戦
  • 法律