誕生日データベース

原一男

映画監督[日本]

1945年 6月8日

原一男 - ウィキペディアより引用
原 一男 (はら かずお、1945年6月8日 - )は日本の映画監督。
疾走プロダクション所属。
妻は疾走プロダクション代表の小林佐智子で、ほとんどの作品で共同作業を行っている。
経歴・人物 1945年、山口県宇部市出身。
東京綜合写真専門学校中退。
1969年には銀座ニコンサロンで写真展「馬鹿にすんな!」を行う。
この時点までは写真家志望だったが、写真展を見にきた小林佐智子(シナリオライター志望だった)と知り合い、後に共同して映画を撮ることになる。
60年代後半~70年代初頭にかけて、東京12チャンネルで過激なドキュメンタリーを撮っていた田原総一朗(後、東京12チャンネル編成部長)の著書『青春 この狂気するもの』(三一新書 1969年刊行)を読み、大きな影響を受け、田原が製作する『ドキュメンタリー青春』シリーズを夢中で見るようになる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 出演
  • 助手
  • 撮影
  • 演出
  • テレビ
  • プロデュース
  • 作品
  • 助監督
  • 宇部市
  • 山口県
  • 映画
  • 監督
  • 著書
  • 関連
  • 一男
  • 出身
  • 炭鉱
  • 長沢