生年月日データベース

藤本泉ふじもとせん

推理小説作家[日本]

1923年 2月15日

没年不詳

藤本 泉(ふじもと せん、1923年2月15日 - ?)は、日本の推理作家・小説家。
本名は、藤本せん子。
伝奇ミステリ『えぞ共和国』シリーズで、東北地方において古代から受け継がれた原始共産国家が存在しているという設定で、土俗の民と中央権力との相剋を描いた。
また、『源氏物語』、『枕草子』など王朝文学の作者は紫式部、清少納言など一人の作者でなく多作者によるとの説についての著作を出す。
篠田節子『聖域』の登場人物は、藤本泉をモデルにしたものと言われている。
東京生まれ。
日本大学国文科卒業。
『文芸首都』および『現象』の同人として創作活動を行う。
1966年に「媼繁盛記」で第6回小説現代新人賞を受賞し文壇にデビュー。
「ひきさかれた街」は、第二次大戦後に東西陣営により南北に分断された東京を舞台にした、「架空の日本」を描く先駆的な作品であった。
また、1971年に江戸川乱歩賞の候補となった「藤太夫谷の毒」は、最終候補にまで残って選考委員から筆力が支持されたものの、部落問題を扱った作品の内容が応募当時のタブーであったため、受賞を逃す。

■ 映像作品

■ 関連書籍

ふじもと-せん 1923-昭和後期-平成時代の推理作家。大正12年2月15日生まれ。昭和41年「媼(おうな)繁昌(はんじょう)記」で小説現代新人賞,52年土俗的共同体社会を舞台とした「時をきざむ潮」で江戸川乱歩賞。古典文学を素材とした作品もおおい。平成元年旅行先のフランスで消息をたつ。東京出身。日大卒。本名はせん子。作品はほかに「呪(のろ)いの聖域」「枕草子の謎」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 概要
  • 作者
  • リスト
  • 作品
  • 国文科
  • 文芸
  • 日本大学
  • 東京都
  • 枕草子
  • 清少納言
  • 篠田節子
  • 紫式部
  • 首都
  • えぞ
  • シリーズ
  • ミステリ
  • モデル
  • 一人
  • 中央
  • 伝奇
  • 作為
  • 共和国
  • 共産
  • 処女作
  • 創作
  • 卒業
  • 原始
  • 古代
  • 同人
  • 国家
  • 土俗
  • 文学
  • 東北地方
  • 権力
  • 活動
  • 源氏
  • 源氏物語
  • 物語
  • 王朝
  • 現象
  • 発表
  • 登場
  • 相剋
  • 繁盛記
  • 聖域
  • 著作
  • 設定