誕生日データベース

ケネス・ウィルソンKenneth Geddes Wilson

物理学者[アメリカ]

1936年 6月8日

ケネス・G・ウィルソン(Kenneth Geddes Wilson、1936年6月8日 - 2013年6月15日)は、アメリカ合衆国の物理学者。
「相転移に関連した臨界現象に関する研究」により、1982年のノーベル物理学賞を受賞した。
1936年にハーバード大学化学部教授のブライト・ウィルソン・ジュニアの息子としてマサチューセッツ州ウォルサムで生まれた。
一回の飛び級を経験して1952年にハーバード大学に入学し、数学を専攻とするかたわら物理学も学んだ。
大学卒業後は、カリフォルニア工科大学の大学院でゲル=マンのもとで原子物理学の研究を行った。
ハーバード大学やCERNの研究員などを経て1963年にコーネル大学の助教授に就任し、そのまま準教授、教授となった。
1988年より、オハイオ州立大学に移っている。
2013年6月15日、リンパ腫の合併症のためメーン州の老人ホームで死去した。
77歳没。
業績 繰り込み群 格子ゲージ理論 受賞歴 ハイネマン賞数理物理学部門(1973年) ボルツマン賞(1975年) ノーベル物理学賞(1982年) フランクリン・メダル(1982年) ディラック・メダル(1989年) 脚注 ==。
連想語句
  • 大学
  • ハーバード
  • マサチューセッツ州
  • ウォルサム
  • オハイオ州
  • カリフォルニア
  • コーネル
  • ノーベル
  • 受賞歴
  • 学者
  • 工科
  • 教授
  • 業績
  • 物理
  • 物理学
  • 物理学賞
  • 転移
  • かたわら
  • もと
  • ウィルソン
  • ゲル
  • ゲルマン
  • ジュニア
  • ブライト
  • マレー
  • マン
  • 入学
  • 助教授
  • 卒業
  • 原子
  • 原子核
  • 受賞
  • 大学院
  • 学部
  • 専攻
  • 就任
  • 息子
  • 数学
  • 機構
  • 欧州
  • 準教授
  • 現象
  • 経験
  • 臨界
  • 関連
  • 飛び級