生年月日データベース

青海うみ

タレント[日本]

1991年 3月14日

青海 - タレント

青海(せいかい、Qinghai、チベット語: མཚོ་སྔོན་ 転写:mTsho-sngon、モンゴル語: Хөхнуур、ᠬᠥᠬᠡᠨᠠᠭᠤᠷ 転写:Kökenaγur、満州語: ᡥᡠᡥᡠᠨᠣᠣᠷ 転写:Huhu noor)は、清朝の雍正帝がグシ・ハン一族を屈服させたのち、チベットの東北部に成立させた地域的枠組み。
チベット高原の中央部に分布する遊牧民の居住地域が、1724年 - 1732年に行われた雍正のチベット分割により南北に分割されることによって成立。
アムド地方の西部・中央部とカム地方の北部から成る。
清朝時代は藩部に区分され、理藩院の管轄を受けた(のちに、中華民国の国民政府の時代、河西回廊の一部とあわせて青海省が設けられた)。
中華民国以降の青海地方については青海省 (中華民国)、青海省等を参照。
地理 河西回廊の西南部、四川地方の西部に位置する。
チベット人の地理区分では、アムド地方の中央部から西北部を占める。
モンゴル人は、この地のモンゴル人をデートモンゴル(高地モンゴル)と呼ぶ。
前史 オイラト部族連合の盟主でホショト部の部族長であったトゥルバイフ(グシ・ハン)は1637年 - 1642年にかけてツァントェ王、ペリ王、チョクト・ホンタイジ等チベット各地の有力諸侯を攻滅ぼすと、ヤルンツァンポ河流域をダライ・ラマ領としてダライ・ラマ5世に寄進し、チベット東北部の青海草原に自分たちの皇子たちと靡下のオイラト(青海ホショト)兵たちを配置、その他の各地(代官を派遣して統治する直轄地や諸侯に対する支配権)を自身の皇子たちに分配した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

おうみ 新潟県南西部,糸魚川市北西部の旧町域。日本海に面する。1927年町制。1954年歌外波村,市振村,上路村の3村と今井村の一部を編入。2005年糸魚川市,能生町と合体して糸魚川市となる。中心集落の青海は旧北陸街道の宿場町として発展。1921年青海石灰岩を原料とする化学工場が創設されて以来,化学肥料,セメント,合成樹脂を中心とする化学工業の町に発展した。しかし石油化学工業の発展に伴って有機化学工業に転換,親不知,子不知を中心とした観光開発も進める。青海川の硬玉産地(国指定天然記念物),寺地遺跡(国指定史跡)などがあり,親不知子不知県立自然公園に属する。「竹のからかい」は国の重要無形民俗文化財。 (引用元 コトバンク)

「青海」と関連する人物

連想語句
  • チベット
  • 分割
  • アムド
  • カム
  • グシ
  • ハン
  • 中央
  • 中華民国
  • 北部
  • 回廊
  • 国民
  • 地方
  • 成立
  • 政府
  • 時代
  • 河西
  • 清朝
  • 満州語
  • 藩部
  • 転写
  • 雍正帝
  • 高原
  • 一族
  • 一部
  • 分布
  • 区分
  • 南北
  • 地域
  • 居住
  • 屈服
  • 枠組み
  • 管轄
  • 西部
  • 遊牧民
  • 青海省