生年月日データベース

渡辺邦男わたなべくにお

俳優映画監督[日本]

1899年 6月3日

1981年 11月5日 死去肺炎享年83歳
渡辺邦男 - ウィキペディアより引用

渡辺 邦男(わたなべ くにお、1899年6月3日 - 1981年11月5日)は、大正・昭和期の映画監督。
静岡県田方郡三島町 (静岡県) 三島町(現・三島市)出身。

六男七女の8番目で三男。
長兄の友雄は三島市長を務め、姉の百合(ゆり)は河井道の門下生でコロンビア大学を卒業し恵泉女学園の理事を務めているが、PWCのボナー・フェラーズとともに東京裁判の天皇訴追回避に尽力した「一色ゆり」の名で有名。

静岡県立沼津中学卒業後、早稲田大学商学部に入学し、浅沼稲次郎らと建設者同盟を結成し、左翼運動家として活躍。
卒業後はコネで朝日新聞社の営業部に入るが、部長から「もぐり入社」と言われ憤然し退社。
劇団に加わり地方巡業に出るが、解散の憂き目を見る。

仕事を求めて日活大将軍撮影所長・池永浩之に紹介されるチャンスがあり、面接で監督志望を伝えるが「3年間は俳優をしろ」と命じられ、初任給30円で雇われる。
村田実監督『青春の歌』(1924年)での運動会の応援団の旗手が最初の役。
尾上松五郎のスタンドインまでやらされる。
大部屋女優と結婚するがスターの児島三郎と駆け落ちされるなど苦い下積み生活を送る。

■ 映像作品

■ 関連書籍

  • タイトル
    知っておきたい農協論
    著者
    渡辺邦男
    発売元
    北海道協同組合通信社
    発売日
    2016-09-01
    新品価格
    ¥ 1,200 より
    中古商品
    ¥ 6,352 より

わたなべ-くにお 1899-1981昭和時代の映画監督。明治32年6月3日生まれ。日活にはいり,昭和3年の「剣乱の森」が監督第1作。12年東宝にうつり,戦後,新東宝設立に参加。時代劇やエノケン(榎本健一)の喜劇などの娯楽作品をおおく手がけ,早撮りの名人といわれた。ヒット作に32年「明治天皇と日露大戦争」。昭和56年11月5日死去。82歳。静岡県出身。早大卒。【格言など】安く,早く,もうかる映画を(信条) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 監督
  • 沼津
  • 県立
  • 静岡
  • 静岡県
  • エピソード
  • 三島市
  • 三島町
  • 作品
  • 俳優
  • 卒業
  • 学校
  • 日活
  • 早稲田大学
  • 映画
  • 朝日新聞社
  • 池永浩久
  • 浅沼稲次郎
  • 田方郡
  • 親族
  • 関連
  • 高等
  • コネ
  • 中学
  • 仕事
  • 入学
  • 入社
  • 出身
  • 劇団
  • 同盟
  • 商学部
  • 営業
  • 地方
  • 大将
  • 巡業
  • 左翼
  • 建設者
  • 志望
  • 憂き目
  • 所長
  • 撮影
  • 旧制
  • 機会
  • 活躍
  • 紹介
  • 結成
  • 解散
  • 退社
  • 運動家
  • 部長
  • 面接