生年月日データベース

吉田喜重よしだよししげ

映画監督[日本]

1933年 2月16日 生 (満85歳)

吉田 喜重 (よしだ よししげ、1933年2月16日 - ) は、日本の映画監督。
名は「きじゅう」と音読みされることが多い。
1933年、福井県福井市佐佳枝下町で生まれる。
1945年に順化小学校を卒業後、旧制の県立福井中学に入学。
同年8月、福井大空襲で家が焼失する。
1947年春に一家で東京へ転居し、田園調布の自宅から都立城南中学に通う。
同校は吉田の在学中、学制改革により城南高校となる。
この頃、フランス語を習うためアテネ・フランセへ通い、フランス映画をよく観ていた。
また、NHKラジオに詩を投稿して賞金を貰ったり、演劇部には入らなかったものの、自作の演劇脚本を文化祭で上演するなど、早くも高校時代から才能を顕していた。
1951年に東京大学文学部仏文科に入学する。
哲学科志望であったが、吉田を外交官にしたい父の意向に従う。
同科には矢島翠、宮川淳、石堂淑朗、種村季弘らが在学していた。
1955年、大学卒業とともに石堂と松竹大船撮影所に入社。
木下惠介などの助監督を経て、1960年に『ろくでなし』で監督デビュー。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 映画
  • 城南
  • 福井市
  • テレビ
  • 中学
  • 作品
  • 学制
  • 学校
  • 小学校
  • 改革
  • 東京
  • 田園調布
  • 監督
  • 県立
  • 短編
  • 福井
  • 福井大
  • 福井県
  • 空襲
  • 著書
  • 都立
  • 長編
  • 順化
  • 高等
  • 一家
  • 下町
  • 佳枝
  • 入学
  • 卒業
  • 吉田
  • 同年
  • 同校
  • 在学
  • 旧制
  • 東京都
  • 焼失
  • 自宅
  • 藤島
  • 転居
  • 高校