生年月日データベース

武藤嘉紀むとうよしのり

男子サッカー選手[日本]

1992年 7月15日

武藤嘉紀 - ウィキペディアより引用

武藤 嘉紀(むとう よしのり、1992年7月15日 - )は、東京都世田谷区出身のサッカー選手。
ブンデスリーガ・1.FSVマインツ05所属。
日本代表。
ポジションはミッドフィールダー、フォワード。
慶應義塾大学経済学部卒業。
プロ入り前 3歳でバディスポーツ幼児園に入園後、4歳でバディサッカークラブに入部し、本格的にサッカーを始める。
その後、小学校の6年間は同クラブで活躍し、6年生の時にはキャプテンを務める。
小学校4年時よりFC東京のスクールへも通い、2005年に東京都世田谷区立桜丘中学校進学時から同クラブ下部組織に加入した。
このときの同期には高木利弥(中学校も同じ)、上形洋介、江口貴俊、佐々木陽次、廣木雄磨、松藤正伸、三浦龍輝がいる。
この頃から攻撃的MF(サイドハーフ)でプレーするようになった。
2007年のU-15高円宮杯で全国大会得点ランキング2位に輝いたことなどが評価され、2008年よりU-15からU-18へ昇格。
脚力とフィジカルの強さを買われ、U-18ではDF(サイドバック)でも起用された。

■ 映像作品

■ 関連書籍

日本のプロサッカー選手。Jリーグディビジョン1のFC東京に所属。1992年7月15日生まれ、東京都出身。身長178センチメートル、体重72キログラム。ポジションはミッドフィールダー(MF)及びフォワード(FW)。14年時点で、慶應義塾大学4年に籍を置く学生Jリーガーでもある。13年7月6日のJリーグ・ディビジョン1第14節サンフレッチェ広島戦でJリーグ・デビュー、14年4月19日のJリーグ・ディビジョン1第8節セレッソ大阪戦でJリーグ初ゴールを記録。14年8月28日、ハビエル・アギーレ監督が指揮する日本代表に初招集。抜群のスピードと優れたボディーバランスを活かしたドリブル突破がプレーの特徴。14シーズンのFC東京では、フォワードの2トップの一角としてプレーすることが多い。 (2014-9-3) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ニューカッスル
  • ユナイテッド
  • 代表
  • 日本
  • クラブ
  • サッカー
  • 所属
  • タイトル
  • フォワード
  • プレミア
  • プロ
  • ポジション
  • マインツ
  • ミッドフィールダー
  • リーグ
  • 個人
  • 学部
  • 慶應義塾大学
  • 成績
  • 東京
  • 経済
  • 卒業