誕生日データベース

グラハム・ヒルNorman Graham Hill

レーシングドライバー[イギリス]

1929年 2月15日

1975年 11月29日 死去享年47歳
グラハム・ヒル - ウィキペディアより引用

ノーマン・グラハム・ヒル(Norman Graham Hill, OBE 1929年2月15日 - 1975年11月29日) はイギリスのレーシングドライバーであり、1962年・1968年のF1チャンピオン。
1996年のチャンピオンであるデイモン・ヒルは実子。
Grahamの発音はカタカナ表記にすれば「グレアム」に近いが、日本では現役活躍時からほぼグラハムと表記されており、本稿でもそれに従う。
2015年現在、F1モナコGP、インディ500、ル・マン24時間レースの「世界3大レース」全てでの優勝経験を持つ唯一のドライバー。
特にモナコGPには滅法強く、2015年現在で史上2位タイの5勝をあげ、「ミスター・モナコ」と呼ばれた。
1990年代以降の日本では「モナコ・マイスター」と呼ばれることがある。
前述のように息子のデイモンが後にF1タイトルを獲得するが、親子二代揃ってF1チャンピオン獲得経験を持つのも、ヒル親子が初であり唯一となっている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

カーレーサー。イギリス・ロンドン出身。1929年7月15日生まれ。表記はグレアム・ヒルとも。 1962年と1968年のF1ワールドチャンピオンであり、俗に「三大レース」と呼ばれるF1モナコGP(通算5勝)、Indy500(1966年)、ル・マン24時間レース(1972年)全てで優勝経験を持つ2013年現在唯一のドライバー。 1973年に自分のチーム「エンバシー・レーシング・ウィズ・グラハム・ヒル」を立ち上げF1に参戦したが、コンストラクター活動を開始した1975年のシーズンオフ、11月25日に飛行機事故でチームの主要メンバーともども落命した。享年46。 没後、息子デーモン・ヒルもレーサーを志し、1996年のF1ワールドチャンピオンになった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • レース
  • 時代
  • インディ
  • エピソード
  • チャンピオン
  • チーム
  • デイモン
  • ヒル
  • プライベーター
  • マン
  • ロータス
  • 世界
  • 事故死
  • 参戦
  • 年度
  • 成績
  • 設立
  • 関連
  • カタカナ
  • グラハム
  • グレアム
  • フォーミュラ
  • モナコ
  • 三大
  • 実子
  • 日本
  • 本稿
  • 活躍
  • 現在
  • 現役
  • 発音