生年月日データベース

立川清登たちかわすみと

声楽家・バリトン歌手[日本]

(旧芸名・立川澄人)

1929年 2月15日

1985年 12月31日 死去享年57歳

立川 清登(たちかわ すみと、1929年2月15日 - 1985年12月31日)は、日本のバリトン歌手。
二期会所属。
本名、および旧芸名は立川 澄人(本名の読み方は“たつかわ すみと”)、所属レコード会社はビクター音楽産業(現JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)。
洗足学園大学客員教授も務めた。
来歴・生涯 大分県大分市出身。
大分県立別府第二高等学校(現大分県立芸術緑丘高等学校)、東京芸術大学卒業。
マルガレーテ・ネトケレーヴェ、中山悌一に師事。
1953年『椿姫』のジェルモンでデビュー。
歌劇を始めミュージカル、テレビ番組への出演も多く、NHK紅白歌合戦にも1963年から1966年まで連続4回出場した。
代表的な役は『こうもり』のファルケ博士や『フィガロの結婚』のフィガロなど。
1960年代後半、芸名を「清登(読み方は“すみと”のまま)」に改名。
代表曲は『みんなのうた』で放送された「大きな古時計」、1980年にリリースされた「阪神タイガースの歌」など。
オペラ以外にも、童謡、歌謡曲など幅広いジャンルで歌唱を残している。

■ 音楽作品

連想語句
  • 出典
  • ウェブ
  • ラジオ
  • レイアウト
  • 信頼性
  • 各種
  • 場合
  • 媒体
  • 番組
  • 紙媒体
  • 紹介
  • 除去