誕生日データベース

高山啓義たかやまひろよし

サッカー審判員[日本]

1974年 3月18日

高山 啓義(たかやま ひろよし、1974年3月18日 - )は、栃木県出身のサッカー審判員。
宇都宮北高校、国士舘大学卒業。
2004年から、2014年まで国際審判員としても活躍した。
1999年11月に1級審判登録され、2003年からJリーグDivision 1でも主審を務めている。
2014年までは、国際審判員として活躍した。
2006年にカタール・ドーハで行われたアジア大会の男子決勝カタール対イラクの主審を務めた。
評価 カードを頻繁に出す傾向があり、2004年5月9日の清水エスパルス対セレッソ大阪戦ではJリーグ最多記録となる一試合13枚のイエローカードを提示した。
(レッドカード2枚) エピソード 2009年6月28日、セレッソ大阪対水戸ホーリーホック戦において、スローインを他の選手に代わろうとした香川真司に対してイエローカードを出すそぶりで威嚇した。
連想語句
  • 審判
  • カタール
  • エピソード
  • サッカー
  • リーグ
  • 主審
  • 学校
  • 栃木
  • 活躍
  • 県立
  • イラク
  • シーズン
  • セレッソ大阪
  • ドーハ
  • 代表
  • 吉田寿光
  • 国士舘大学
  • 国際
  • 宇都宮
  • 清水エスパルス
  • 石橋
  • 高等
  • アジア大会
  • アジア競技大会
  • カード
  • 傾向
  • 北高
  • 卒業
  • 担当
  • 教員
  • 時期
  • 決勝
  • 男子
  • 登録
  • 頻繁
  • 高校