誕生日データベース

小佐野賢治おさのけんじ

実業家、国際興業グループ 創業者[日本]

1917年 2月15日

1986年 10月27日 死去享年70歳
小佐野 賢治(おさの けんじ、1917年2月15日 - 1986年10月27日)は、日本の実業家である。
国際興業グループ創業者。
昭和の戦時体制下では軍需省に取り入って蓄財し、日本の敗戦後には駐留外国人相手の事業で成功した。
また、運輸・観光事業も手広く行い、日本国内の有名ホテルを複数買収したほか、ハワイの観光資源にいち早く注目してワイキキの名門ホテルを多数手中にするなどして、「ホテル王」と呼ばれたこともある。
また、後の内閣総理大臣・田中角栄との関係が「刎頸の友」と言われるなど有力な政商として知られ、政財界と暴力団の橋渡しを行っているなどとの噂から、「裏世界の首領」、「黒幕」などと揶揄されることもあった。
実際、戦後最大の疑獄事件であるロッキード事件でも関係者として国会に召喚されたが、この証人喚問で小佐野が繰り返した答弁「記憶にございません」は当時の流行語となった。
ただし実際には「記憶『に』ございません」と答弁した記録はなく、正確な答弁内容は「記憶『は』ございません」「記憶がありません」などの繰り返しである。

■ 関連書籍

連想語句
  • 概要
  • 事業
  • 戦時
  • 日本
  • 観光
  • エピソード
  • ハワイ
  • ロッキード
  • 事件
  • 体制
  • 兵役
  • 国際興業
  • 実業家
  • 家族
  • 戦後
  • 拡大
  • 晩年
  • 生涯
  • 起業
  • 軍需
  • 運輸
  • 関連
  • グループ
  • ホテル
  • 創業者
  • 国内
  • 外国人
  • 成功
  • 敗戦
  • 有名
  • 注目
  • 相手
  • 蓄財
  • 買収
  • 資源
  • 駐留