生年月日データベース

梅崎春生うめざきはるお

作家[日本]

1915年 2月15日

1965年 7月19日 死去享年51歳
梅崎春生の名言
どのみち死なねばならぬなら、 私は、なっとくして死にたいのだ
梅崎春生 - ウィキペディアより引用

梅崎 春生(うめざき はるお、1915年(大正4年)2月15日 - 1965年(昭和40年)7月19日)は、日本の小説家。
来歴・人物 福岡市簀子町生まれ(現中央区大手門)。
旧制修猷館中学校(現福岡県立修猷館高等学校)、第五高等学校を経て、東京帝国大学文学部国文科に入学。
同人誌『寄港地』を発行する。
在学中、『早稲田文学』に「風宴」を発表。
卒業後、東京市教育局教育研究所に雇員として勤務する。
徴兵を受け、鹿児島県で暗号兵として敗戦を迎える。
この時の体験がのちの作品に反映されているが、配属された坊津町の特別攻撃隊などについては生涯一切語ることはなかった(詳細については外部リンク参照)。
戦後、江口榛一の『素直』編集部に勤め、同誌に「桜島」を発表。
新進作家として注目される。
1950年「黒い花」、1951年「零子」、1953年「拐帯者」がそれぞれ直木賞候補となり、「ボロ家の春秋」(『新潮』1954年(昭和29年)8月号)で第32回直木賞(1954年・下半期)を受賞。

■ 映像作品

■ 関連書籍

小説家。福岡県生まれ。東大卒。戦後派文学の旗手。海軍生活を踏まえた「桜島」、遺作「幻化」など。(1915〜1965) 1939年 短編小説「風宴」を浅見淵にもちこみ、同年8月「早稲田文学」にて発表。一部で評価を受ける。 1944年 海軍に召集され、九州の基地を転々とする。 1945年 8月、戦争終結。同年9月に上京し、海軍での体験を基にして「桜島」を執筆する。 1946年 9月「桜島」が「素直」創刊号にて掲載される。新進作家としての評価が固まる。 1947年 9月「日の果て」発表。 1955年 2月「ボロ家の春秋」にて第32回直木賞を受賞する。11月「砂時計」により第2回新潮賞を得る。 1964年 2月「狂い凧」により文部大臣芸術選奨をうける。 1965年 6月「幻化」発表してまもない同年7月19日、肝硬変により逝去する。 苛烈な戦争体験に取材した作品「桜島」「幻化」等が有名だが、その一方で市井での生活に材を得た「ボロ家の春秋」「Sの背中」「砂時計」等もまた、人間心理の意地悪く不可解な一面をユーモラスに描いており、読み逃せない作品になっている。 一般に第一次戦後派作家としての評価が高いが、その内面に沈むような作風から、第三の新人の先輩格としてみなす向きもある。 全集は昭和41年に新潮社から全7巻刊行、また昭和59年から63年にかけて沖積舎からも出されている(全7巻+別巻1)。ただし、どちらも一部の長編作品等は網羅されていない。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 学校
  • 高等
  • 作品
  • 修猷館
  • 出典
  • 坊津町
  • 小説家
  • 攻撃
  • 教育
  • 旧制
  • 東京
  • 江口榛一
  • 発表
  • 県立
  • 福岡
  • 福岡市
  • 著書
  • 関連
  • それぞれ
  • ボロ家
  • 中央区
  • 中学校
  • 体験
  • 作家
  • 候補
  • 入学
  • 勤務
  • 卒業
  • 反映
  • 同人
  • 同誌
  • 国文科
  • 在学
  • 大学
  • 大手門
  • 寄港
  • 帝国
  • 徴兵
  • 戦後
  • 拐帯
  • 敗戦
  • 文学部
  • 新潮
  • 新進
  • 早稲田文学
  • 春秋
  • 昭和
  • 暗号
  • 東京大学
  • 桜島
  • 注目
  • 生涯
  • 発行
  • 直木賞
  • 研究所
  • 簀子
  • 素直
  • 詳細
  • 配属
  • 雇員
  • 鹿児島県