誕生日データベース

渡部暁斗わたべあきと

ノルデックスキー複合選手[日本]

(妻はスキーハーフパイプ選手・渡部由梨恵、平昌オリンピック代表選手)

1988年 5月26日

渡部暁斗 - ウィキペディアより引用

渡部 暁斗(わたべ あきと、1988年5月26日 - )は、長野県白馬村出身のノルディック複合選手。
ソチオリンピック個人銀メダリスト。
同じくノルディック複合選手の渡部善斗は実弟。
長野県白馬高等学校在籍中の2006年にトリノオリンピックに出場。
早稲田大学スポーツ科学部進学後は2009年世界選手権の団体戦(湊祐介、加藤大平、渡部暁斗、小林範仁)では日本14年ぶりの金メダル獲得に貢献した。
2010年1月、ノルディック複合・ワールドカップ(W杯)オーストリア・ゼーフェルト大会で3位となり、初めてW杯個人戦の表彰台に登った。
2月にはバンクーバーオリンピックに出場し、個人(ラージヒル)では日本勢最高の9位。
大学卒業後は、北野建設に所属。
2011/12シーズンは序盤から好調で、ワールドカップ開幕戦の フィンランド・クーサモ大会でW杯自己最高順位となる2位。
12月のゼーフェルト大会でも同順位に入ると、2月5日 イタリア・ヴァル・ディ・フィエンメ大会で念願の初優勝を果たした。

■ 関連書籍

スキー・ノルディック複合選手。1988年5月26日、長野県生まれ。中学時代からノルディック複合競技に取り組む。高校在学中の2006年、トリノ五輪に出場。早稲田大学進学後、09年に世界選手権の団体ラージヒルで金メダル獲得に貢献。10年にはバンクーバー五輪に出場する。大学卒業後は北野建設スキー部に所属。11-12年シーズンのW杯で自己最高の個人総合2位を記録。13-14年シーズンのW杯では個人総合3位となる。14年、ソチ五輪の個人ノーマルヒルにおいて、五輪の同競技では1994年リレハンメル大会以来のメダルとなる銀メダルを獲得した。 (2014-2-14) 渡部暁斗 ノルディックスキー複合選手。1988年5月26日、長野県生まれ。身長173センチメートル。弟はノルディックスキー複合選手の渡部善斗、妻はフリースタイルスキー・ハーフパイプ選手の渡部由梨恵。98年の長野五輪をきっかけに地元のスキークラブに入り、競技を始める。長野県白馬高等学校、早稲田大学を経て、2018年2月現在、北野建設に所属。五輪は06年トリノ大会、10年バンクーバー大会、14年ソチ大会、18年平昌大会に連続出場し、ソチと平昌の個人ノーマルヒルでそれぞれ銀メダルを獲得した。ノルディックスキー世界選手権は09年に団体で優勝し、17年には個人ラージヒル2位、団体スプリント3位の成績を残す。ノルディック複合W杯では11-12年シーズンから16-17シーズンまでに個人総合2位を3回、同3位を3回達成している。 (2018-2-20) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • オリンピック
  • ノルディック
  • スキー
  • シーズン
  • ソチ
  • ワールドカップ
  • 世界選手権
  • 平昌
  • 複合
  • ジュニア
  • 個人
  • 戦績
  • 渡部善斗
  • 競技者
  • 関連
  • スタイル
  • ハーフ
  • パイプ
  • フリー
  • メダリスト
  • 大会
  • 実弟
  • 渡部
  • 王者
  • 由梨恵
  • 総合