誕生日データベース

マルティン・クヌーセンMartin Hans Christian Knudsen

物理学者、海洋学者[デンマーク]

1871年 2月15日

1949年 5月27日 死去享年79歳
マルティン・クヌーセン - ウィキペディアより引用
マルティン・ハンス・クリスチャン・クヌーセン(Martin Hans Christian Knudsen、1871年2月15日 - 1949年5月27日)は、デンマークの物理学者・海洋学者。
海水中の「塩分」を定義するなど海洋化学の分野で多くの貢献を行い、「近代海洋学の開祖」と呼ばれる。
また物理学者としても希薄な気体に関する研究を行い、流体力学で用いられる無次元数のひとつ「クヌーセン数」に名前を残している。
業績 クヌーセンは1899年、海水中の「塩分」という用語を定義し、塩分と密度の関係の研究から塩分の基準となる「標準海水」を北欧海洋研究会議で提案した。
さらに続いて塩素量と水温から海水の比重や密度を計算する実験式を導いた。
この式に基づきクヌーセンはビョルン・ヘラン=ハンセンの手助けのもと、塩素量と水温から海水の塩分・密度・比重が得られる『クヌーセン海洋調査常用表』を編纂した。
これは海水の物理的性質が簡単に求められるため、海流の研究などといった海洋力学の発展に大きく貢献した。

「マルティン・クヌーセン」と関連する人物

連想語句
  • 海洋
  • 海水
  • 塩分
  • クヌーセン
  • 学者
  • 密度
  • 力学
  • 塩素
  • 業績
  • 比重
  • 水温
  • 物理
  • ハンセン
  • ビョルン
  • ヘラン
  • 会議
  • 化学
  • 北欧
  • 定義
  • 実験
  • 標準
  • 次元
  • 気体
  • 流体
  • 海洋学
  • これ
  • ひとつ
  • もと
  • 分野
  • 名前
  • 基準
  • 多く
  • 希薄
  • 常用
  • 性質
  • 手助け
  • 提案
  • 海流
  • 用語
  • 簡単
  • 編纂
  • 計算
  • 調査
  • 貢献
  • 近代
  • 開祖
  • 関係