生年月日データベース

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドAlfred North Whitehead

哲学者数学者[イギリス]

1861年 2月15日

1947年 12月30日 死去享年87歳
アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド - ウィキペディアより引用

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド (Alfred North Whitehead、1861年2月15日 - 1947年12月30日)は、イギリスの数学者、哲学者である。
論理学、科学哲学、数学、高等教育論、宗教哲学などに功績を残す。
ケンブリッジ大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、インペリアル・カレッジ・ロンドン、ハーバード大学の各大学において、教鞭をとる。
哲学者としての彼の業績は、ハーバード大学に招聘されてからが主体であり、その時既に63歳であった。
ケント州ラムズゲートの教員と国教会牧師の家系に生まれたホワイトヘッドは、ドルセットのシャーボン校で学び、1880年にケンブリッジ大学のトリニテイ・カレッジに入学した。
トリニティ・カレッジでは、数学の講義のみを受けたとされる。
最初は学生として後には教師として、1910年までケンブリッジにとどまったが、1911年にロンドン大学に移籍し、1914年には同大学の理工学部(ImperialCollege)の応用数学の教授をつとめた。

■ 関連書籍

連想語句
  • 大学
  • カレッジ
  • ロンドン
  • ハーバード
  • 哲学者
  • インペリアル
  • ケント
  • ケンブリッジ
  • ユニバーシティ
  • 哲学
  • 宗教
  • 思想
  • 教育
  • 数学
  • 数学者
  • 科学哲学
  • 著書
  • 論理学
  • 関連
  • 高等
  • イングランド
  • 主体
  • 功績
  • 招聘
  • 教鞭
  • 業績