誕生日データベース

ウィリアム・ヘンリー・ピッカリングWilliam Henry Pickering

文学者[アメリカ]

1858年 2月15日

1938年 1月17日 死去享年81歳
ウィリアム・ヘンリー・ピッカリング - ウィキペディアより引用
ウィリアム・ヘンリー・ピッカリング(William Henry Pickering、1858年2月15日 - 1938年1月17日)は、アメリカの天文学者。
同じく天文学者のエドワード・チャールズ・ピッカリングの弟である。
土星の逆行衛星フェーベを発見したことで知られる。
(ジェット推進研究所元所長のウィリアム・ヘイワード・ピッカリングとは別人である。
) ピッカリングは1899年、前年に撮影した写真乾板から土星の9番目の衛星フェーベを発見した。
彼はまた1905年にも、その前年に撮影した乾板から土星の10番目の衛星を発見したとしてこの天体をテミスと呼んだが、実際にはテミスは存在しないことが1960年代になって確認されている。
彼は数回にわたって日食観測の遠征隊を指揮したり、月のクレーターの研究にも取り組んだ。
またいくつかの天文台や観測所の建設にも関わっている。
代表的なものにパーシヴァル・ローウェルのローウェル天文台がある。
1919年、彼は天王星と海王星の位置のずれに基づいて未知の惑星Xの存在を予言し、位置を予報した。

「ウィリアム・ヘンリー・ピッカリング」と関連する人物

連想語句
  • 天文台
  • 衛星
  • ローウェル
  • 土星
  • 発見
  • テミス
  • フェーベ
  • 乾板
  • 写真
  • 冥王星
  • 天文
  • 学者
  • 惑星
  • 撮影
  • ウィルソン
  • エドワード
  • クライド
  • クレーター
  • トンボー
  • パーシヴァル
  • ピッカリング
  • 予言
  • 位置
  • 前年
  • 天王星
  • 日食
  • 海王星
  • 逆行
  • いくつか
  • チャールズ
  • ピッカ
  • リング
  • 予報
  • 天体
  • 実際
  • 建設
  • 指揮
  • 数回
  • 未知
  • 確認
  • 観測
  • 観測所
  • 調査
  • 遠征
  • 順行