誕生日データベース

円爾弁円えんにべんねん

・臨済宗聖一派派祖[日本]

(建仁2年10月15日生)

(ユリウス暦) 1202年 11月1日

(ユリウス暦) 1280年 11月10日 死去享年79歳
円爾弁円 - 禅僧・臨済宗聖一派派祖
『弁円』より : 円爾(えんに、建仁2年10月15日(1202年11月1日) - 弘安3年10月11日(1280年11月10日))は、鎌倉時代中期の臨済宗の僧。
駿河(静岡県)の出身。
諡号(しごう)は聖一国師(しょういちこくし)。
生涯 建仁2年(1202年)、駿河国安倍郡栃沢(現・静岡市葵区)に生まれる。
幼時より久能山久能寺の堯弁に師事し、倶舎論・天台を学んだ。
18歳で得度(園城寺にて落髪し、東大寺で受戒。
)し、上野国長楽寺の栄朝、次いで鎌倉寿福寺の行勇に師事して臨済禅を学ぶ。
嘉禎元年(1235年)、宋に渡航して無準師範の法を嗣いだ。
法諱は初め弁円と称し、円爾は房号であったが、後に房号の円爾を法諱とした(道号はなし)。
なお、「円爾弁円」と4字で表記される場合もあるが、前述のとおり円爾には道号はなく、新旧の法諱を併記した「円爾弁円」という表記は適切ではない。
仁治2年(1241年)、宋から日本へ帰国後、上陸地の博多にて承天寺を開山、のち上洛して東福寺を開山する。
宮中にて禅を講じ、臨済宗の流布に力を尽くした。
その宗風は純一な禅でなく禅密兼修で、臨済宗を諸宗の根本とするものの、禅のみを説くことなく真言・天台とまじって禅宗を広めた。

■ 関連書籍

  • タイトル
    季刊日本思想史 (68)
    著者
    日本思想史懇話会
    発売元
    ぺりかん社
    発売日
    2006-04
    新品価格
    ¥ 1,728 より
    中古商品
    ¥ 3,722 より
  • タイトル
    山香一服―聖一国師伝
    著者
    深沢恵
    発売元
    静岡新聞社
    発売日
    2005-03-03
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 7,759 より
  • タイトル
    聖一国師年譜
    著者
    鉄牛円心
    発売元
    羽衣出版
    発売日
    2002-07
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 4,743 より
  • タイトル
    聖一国師伝補遺
    著者
    発売元
    文献出版
    発売日
    1999-05
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 2,500 より

「円爾弁円」と関連する人物

連想語句
  • 生涯
  • 駿河
  • 上野
  • 倶舎
  • 博多
  • 嘉禎
  • 安倍
  • 寿福寺
  • 山笠
  • 師事
  • 得度
  • 無準
  • 生みの親
  • 祇園
  • 臨済宗
  • 葵区
  • 語録
  • 鎌倉時代
  • 関連
  • 静岡市
  • 静岡県
  • しごう
  • しょういち
  • 一国
  • 中期
  • 久能寺
  • 久能山
  • 元年
  • 出身
  • 受戒
  • 園城寺
  • 天台
  • 天台宗
  • 師範
  • 幼時
  • 建仁
  • 旧暦
  • 東大寺
  • 栃沢
  • 栄朝
  • 渡航
  • 王朝
  • 臨済
  • 落髪
  • 行勇
  • 諡号
  • 鎌倉
  • 長楽寺