誕生日データベース

ジャック・ケヴォーキアンJack Kevorkian

安楽死を推進した元医師[アメリカ]

1928年 5月20日

2011年 6月3日 死去享年83歳

ジャック・ケヴォーキアン - ウィキペディアより引用
ジャック・ケヴォーキアン(Jack Kevorkian, 1928年5月20日 - 2011年6月3日)は、アメリカの病理学者、元医師。
末期病患者の積極的安楽死の肯定者で、自作の自殺装置を使った自殺幇助活動で「死の医師(ドクター・デス、Dr. Death)」と呼ばれ有名になった。
1999年に殺人罪で服役するが、仮釈放後も亡くなるまで安楽死・尊厳死の啓蒙活動を続けた。
姓のカタカナ表記はケボーキアン、キヴォーキアン、キボキアンの場合もある。
ケヴォーキアンは、1928年にミシガン州ポンティアックで、アルメニア移民の子として生まれた。
ミシガン大学を卒業後、デトロイトの病院などで病理担当の医師として活動。
1980年代から安楽死についての研究を進め、1987年から「死亡カウンセリング」のための「医学コンサルタント」として活動を始める。
1989年に自作の自殺装置を開発して末期病患者の自殺幇助の活動を開始し、世界的に議論を呼んだ。
その後、総計130人に及ぶ患者を自殺装置で尊厳死させ、「殺人医師」「死の医師」などと呼ばれた。
連想語句
キアン医師安楽死経歴自殺尊厳死活動装置関連カタカナキボケヴォーキアンシトロンタナテレビドラマデストロンドキュメンタリードクターマーヴォー作品啓蒙場合学者小説幇助患者日本語訳有名服役末期殺人病理病理学目次肯定者脚注自作著作表記釈放項目

↑ PAGE TOP