誕生日データベース

堂上隼人どううえはやと

プロ野球選手、犯罪者[日本]

堂上隼人 - ウィキペディアより引用
堂上 隼人(どううえ はやと、1982年3月12日 - )は、神奈川県横浜市神奈川区出身の元プロ野球選手(捕手)。
来歴・人物 プロ入り前 武相高等学校では内野手。
横浜商科大学時代に捕手へ転向。
大学4年の時には第32回日米大学野球選手権大会に出場。
強肩強打の捕手として注目され、複数の球団のドラフト候補にも挙がったが指名は受けなかった。
卒業後は社会人野球の強豪、日産自動車へ入社したが、入社2年目に退社。
独立リーグ・香川時代 大学時代の監督に勧められ、2006年4月に四国アイランドリーグの香川オリーブガイナーズへ練習生として入団し、5月に選手登録された。
その後はチームの中心選手として活躍し、アイランドリーグの5月の月間MVPに選ばれるなど、2006年は打率3割2分7厘、11本塁打で首位打者、本塁打王の二冠を獲得。
守備でも持ち味である鉄砲肩と大胆なリードでチームを牽引。
総合優勝に大きく貢献しリーグ年間MVPに選ばれた。
しかしそのオフもどの球団からもドラフト指名はなく、同僚の深沢和帆(巨人が指名)、伊藤秀範(ヤクルトが育成枠指名)を羨望のまなざしで見つめるだけだった。
連想語句
リーグ成績独立年度打撃時代ソフトバンクタイトルプロプロ野球事件守備捕手横浜市神奈川区神奈川県背番号表彰記録詳細選手関連香川うえはやと出身堂上隼人

↑ PAGE TOP