誕生日データベース

山川秀峰

浮世絵師日本画家[日本]

1898年4月3日 生

1944年12月29日 死去享年47歳

山川秀峰(やまかわ しゅうほう、明治31年〈1898年〉4月3日 - 昭和19年〈1944年〉12月29日)とは、日本画家、版画家。
美人画で知られる。
鏑木清方及び池上秀畝の門人。
本名山川嘉雄、京都に生まれる。
まず秀畝に師事し花鳥画を学んだ後、大正2年(1913年)に清方に入門し美人画を学ぶ。
昭和3年(1928年)の第9回帝展には「安倍野」(培広庵コレクション)を出品して特選となり、昭和5年(1930年)第11回帝展には「大谷武子姫」を出品してこれも特選に入選した。
これらは時代を写したモダンな美人画であった。
伊東深水、寺島紫明と共に、清方門下三羽烏と呼ばれた。
また昭和初期に渡辺版画店や美術社から新版画の美人画作品を発表している。
昭和14年(1939年)伊東深水たちと共に青衿会を設立、美人画家として活動している。
版画の作品は少ないが気品のある美人画を残した。
代表作に「素踊」、「序の舞」、「羽根の禿」などがあげられる。
木版画では「舞踊シリーズ」があり、そのうち、「さらし女」の構図が卓抜で印象的である。

■ 関連書籍

タイトル
古典舞踊を描く〈第1-2〉 (昭12年)
著者
山川秀峰
発売元
古今堂
発売日
1912
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
短冊絵300撰 (人物 1)
著者
山川秀峰
発売元
芸艸堂
発売日
1981-02-05
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
青森案内
著者
山川秀峰
発売元
長谷川書林
発売日
1915
新品価格
より
中古商品
より
連想語句
版画美人画帝展日本昭和来歴京都出品出版大正川瀬巴水池上秀畝版画家特選画家編集花鳥画鏑木清方これほかコレクション作品入選入門八佳八景参考同年嘉雄大谷婦女存在安倍山川師事文献新興日本新本名武子清方渡辺目次秀畝美人美術脚注著書連作長沢門人関連随時項目
↓広告です。クリックしても料金は発生しませんので、ご安心ください。

↑ PAGE TOP