誕生日データベース

秋田雨雀あきたうじゃく

作家詩人、童話作家[日本]

1883年 1月30日

1962年 5月12日 死去享年79歳

秋田雨雀の名言
太陽はもと女性なりしと人のいふに日の本の女性のなどかく暗き
秋田雨雀 - ウィキペディアより引用
秋田 雨雀(あきた うじゃく、1883年(明治16年)1月30日 - 1962年(昭和37年)5月12日)は、日本の劇作家・詩人・童話作家・小説家である。
本名は徳三(とくぞう)。
産科医である父玄庵(全盲であった)と、母まつの長男として青森県南津軽郡黒石町(現黒石市)に生まれる。
黒石尋常小学校、青森県立第一尋常中学校(青森県立弘前高等学校の前身)を経て東京専門学校(早稲田大学の前身校)英文科に入学する。
1908年、恩師の島村抱月の推薦により、『早稲田文学』6月号に小説「同性の恋」を発表。
小説、劇作、詩、童話、評論、翻訳と幅広く活躍し、島村抱月主宰の劇団・芸術座の運営にも参加した。
1915年、来日したワシーリー・エロシェンコと親交を結んでエスペラントを学び、彼と島村ら文化人との親交を取り持った。
1921年には小坂狷二と共にエスペラント教本『模範エスペラント独習』を出版。
1931年、日本プロレタリアエスペランチスト同盟(JPEU)の結成に参加した。
1947年、第1回参議院議員通常選挙に日本社会党公認で青森地方区から立候補したが落選している。

■ 関連書籍

タイトル
老僧と三人の弟子 明治大正童話集 (夕陽亭文庫)
著者
秋田雨雀
発売元
夕陽亭
発売日
2016-11-20
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
”秋田雨雀”紀行
著者
工藤正廣
発売元
津軽書房
発売日
2008-08-05
新品価格
¥ 1,836 より
中古商品
¥ 1,443 より
タイトル
秋田雨雀日記〈第1巻〉1915年-1926年 (1965年)
著者
秋田雨雀
発売元
未来社
発売日
1965
新品価格
より
中古商品
¥ 7,000 より
タイトル
アンソロジー・プロレタリア文学4 事件──闇の奥へ
著者
発売元
森話社
発売日
2017-08-23
新品価格
¥ 3,240 より
中古商品
¥ 4,212 より
タイトル
雨雀自伝 (1953年)
著者
秋田雨雀
発売元
新評論社
発売日
1953
新品価格
より
中古商品
¥ 725 より
タイトル
日本児童文学大系〈12〉秋田雨雀・武者小路実篤・芥川龍之介・佐藤春夫・吉田絃二郎集 (1977年)
著者
発売元
ほるぷ出版
発売日
1977-11
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
現代日本文学大系〈32〉秋田雨雀,小川未明,坪田譲二,田村俊子,武林無想庵集 (1973年)
著者
発売元
筑摩書房
発売日
1973
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
三人の百姓
著者
秋田雨雀
発売元
発売日
2013-10-22
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
秋田雨雀日記〈第2巻〉1927年-1934年 (1965年)
著者
秋田雨雀
発売元
未来社
発売日
1965
新品価格
より
中古商品
¥ 4,799 より
タイトル
秋田雨雀日記〈第3巻〉1935年-1944年 (1966年)
著者
秋田雨雀
発売元
未来社
発売日
1966
新品価格
より
中古商品
¥ 2,998 より
連想語句
学校略歴県立青森劇作家南津軽郡専門尋常小説家島村抱月弘前早稲田大学早稲田文学東京編集詩人青森県高等黒石市黒石町とくぞうリンク中学校作品作家入学全盲共著刊行前身前身校同性在学外部小学校小説徳三恩師推薦文科日本旧制本名玄庵産科医発表目次社会童話翻訳脚注著書詩集運動家長男関連黎明黒石

↑ PAGE TOP