誕生日データベース

田崎草雲

画家、文化12年10月15日生[日本]

1815年 11月15日

1898年 9月1日 死去享年84歳

田崎草雲 - ウィキペディアより引用
田崎 草雲(たざき そううん、1815年11月15日(文化12年10月15日) - 1898年(明治31年)9月1日))は日本の南画画家。
名は芸(うん)。
字は草雲。
弟子に小室翠雲がいる。
司馬遼太郎の短編「喧嘩草雲」のモデル。
1815年 江戸小川町(現在の千代田区)足利藩江戸藩邸に足軽二人扶持の祐筆、田崎恒蔵の長子として生まれる。
幼少より絵に長じて縁戚の金井烏洲、次いで谷文晁(1763~1840)門下となる。
1835年 家督を継母の連れ子に譲るため、足利藩を脱藩。
放浪の後、江戸の加藤梅翁の門下となり号を梅渓とする。
1840年 谷文晁没す。
1843年 独立して浅草山谷堀の裏店に家を借りるが絵はまったく売れず。
南宋の盛茂燁の山水画に傾倒、研究を重ねる。
この前後、松浦武四郎、小野胡山らの紹介により玉池吟社の梁川星厳に謁し、感化されるところが多く画論の研究を進める。
また尊王思想についても共感するところがあった。
1850年 この頃、禅学に傾倒、草雲の号を使う。
周囲の評価も高まる。
1855年 妻の菊子が狂死。
翌年、草雲は江戸を去り足利へ帰郷。
連想語句
略歴文晁江戸足利加藤千代田区南画司馬小室翠雲編集遼太郎金井烏洲門下ためページモデルリンク二人人物作品備考喧嘩外部存在家督小川町幼少弟子恒蔵扶持放浪文献日本梅渓現在田崎画家目次短編祐筆継母縁戚脚注脱藩草雲藩邸足軽連れ子長子門弟

↑ PAGE TOP