誕生日データベース

新谷仁美

陸上長距離選手[日本]

1988年 2月26日

新谷仁美 - ウィキペディアより引用

新谷 仁美(にいや ひとみ、1988年2月26日 - )は、日本の元女子陸上競技選手(長距離走・マラソン)である。
愛称は「にいやん」。
経歴・人物 学生時代 岡山県総社市出身。
総社市立総社東中学校を経て興譲館高等学校へ進学。
興譲館高等学校では同期に重友梨佐(天満屋、ロンドンオリンピック女子マラソン日本代表)がおり、在学中は重友と共に全国高校駅伝に出場、新谷はエース区間と言われる第1区で3年連続して区間賞を獲得(03~05年)。
3年連続区間賞という偉業を成し遂げたのはこれまで6人しかいないが、その中でも各校のエースが集まる1区を3年間走り続けてこれを成し遂げたのはルーシー・ワゴイ(00~02年、ケニアの旗 ケニア、青森山田)と新谷の2人だけである。
特に04年は都大路史上初となる18分台をマークしての区間新を樹立。
05年にはさらにその記録を上回るタイムをたたき出しての区間新達成であった。
高校入学以来の目標だった地元・岡山で開催された2005年(平成17年)晴れの国おかやま国体では選手宣誓そして大会最終日の3000mにおいて会場総立ちの喝采を受けながらゴールし、地元に唯一の優勝をもたらした。

新谷仁美は日本の陸上競技(長距離、マラソン)選手。 1988年2月26日生まれ、岡山県出身。 興譲館高校時代から駅伝・トラックで活躍。 全国高等学校駅伝競走大会では、エース区間の1区で3年連続の区間賞を獲得した。 高校卒業後、株式会社豊田自動織機、佐倉アスリート倶楽部株式会社を経て株式会社ユニバーサルエンターテインメントに所属。 2007年の東京マラソンで初マラソン初優勝。 2008年の北海道マラソンでは2位(女子の部)。 2013年、第97回日本陸上競技選手権大会女子10000mにおいて、31分06秒67の大会新記録で優勝。 2013年8月11日、第14回世界陸上競技選手権大会女子10000mにおいて、30分56秒70の自己ベスト更新で5位入賞。 2014年1月31日、都内で記者会見し、右足裏の故障に悩まされ続けたことを主な理由に現役引退を表明した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 学生
  • 総社
  • 学校
  • 興譲館
  • 高等
  • エピソード
  • オリンピック
  • ベスト
  • ロンドン
  • 中学校
  • 天満屋
  • 岡山県
  • 市立
  • 社会人
  • 総社市
  • 自己
  • 重友梨佐
  • いやん
  • マラソン
  • 代表
  • 出身
  • 同期
  • 在学
  • 女子
  • 愛称
  • 日本
  • 進学
  • 重友
  • 陸上競技