誕生日データベース

板部岡江雪斎いたべおかこうせつさい

戦国武将[日本]

(天文6年生)
1609年 7月4日 死去享年73歳
板部岡 江雪斎(いたべおか こうせつさい)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、外交僧。
後北条氏、豊臣氏、徳川氏の家臣。
執権北条氏(北条時行)の子孫とされる。
田中泰行の子であったが、北条氏政の命により板部岡康雄(石巻家貞の子)の名跡を継ぎ、右筆・評定衆として活躍した。
寺社奉行として寺社の管理にも関わっており、後述する北条氏康の平癒祈祷や、佐竹氏との戦勝祈願などに同じく寺社管理に関わった安藤良整との連署が多く見られる。
元亀2年(1571年)、主君・北条氏康が病床に伏した際、鶴岡八幡宮にて病平癒の祈願を行なった。
天正元年(1573年)、北条氏の盟友・武田信玄が死去した時、氏政の命で病気見舞いの使者として甲斐国に赴いたが、このとき、信玄の弟・信廉が影武者となっていることを見抜けなかったとされる。
後に、北条氏と武田氏との同盟が決裂すると、北条氏は勢いに乗る織田信長と同盟を結ぶが、この使者として赴いた。
天正10年(1582年)、織田信長が本能寺の変で死去した時、信濃国をめぐって徳川家康と北条氏直が対立した際は、和睦交渉に奔走し、家康の娘・督姫を氏直の正室に迎えることで和睦を取りまとめた。

■ 関連書籍

タイトル
戦国武将たちの城 (impress QuickBooks)
著者
発売元
インプレス
発売日
2016-06-30
新品価格
より
中古商品
より
連想語句
家臣後北条生涯寺社佐竹作品北条時行北条氏北条氏康北条氏政右筆奉行安藤康雄徳川板部岡泰行田中石巻家貞管理評定衆関連名跡執権外交子孫平癒後北条氏後述戦勝活躍祈祷祈願豊臣豊臣氏連署

↑ PAGE TOP