生年月日データベース

木田勇

プロ野球選手[日本]

1954年 6月7日

木田 勇(きだ いさむ、1954年6月7日 - )は、神奈川県横浜市旭区出身の元プロ野球選手(投手)。
史上初の新人選手でのMVP獲得者。
来歴・人物 横浜一商高(現・横浜商科大学高等学校)では1972年夏の甲子園県予選で準決勝に進出するが、秦野高に延長11回の熱戦の末に敗退。
社会人野球の日本鋼管に進み、1977年の都市対抗2回戦で電電北海道を相手にリリーフながら初登板、敗れたものの好投を見せる。
1978年の同大会はエースに成長、3試合連続で完投勝利、準決勝ではリリーフに回るが本田技研鈴鹿を降す。
決勝では東芝の黒紙義弘(崇徳-亜大)と投げ合うが0-4で完封負け。
準優勝にとどまるが同大会の久慈賞を獲得した。
同年のドラフト会議では、大洋、広島、阪急の3球団が1位指名。
抽選の結果、広島が交渉権を獲得したがこれを拒否。
一般には大洋入りを強く希望したためと報じられているが実際は在京セ・リーグであればどの球団でも応じるつもりであった。
その理由として父親が胃癌、母親が胆石を患っており「長男として両親の面倒をしっかり見なくてはならない」という思いがあったからだという。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球選手・指導者。 左投左打、ポジションは投手。背番号は19→10番。 1954年6月7日生まれ。神奈川県横浜市旭区出身。 横浜第一商業高校から日本鋼管に進む。 1979年、ドラフト1位で日本ハム・ファイターズに入団。 1980年には、最多勝・最優秀防御率・最高勝率・最多奪三振とすべてのタイトルを獲得し、パ・リーグ新人王を獲得。 1981年、リーグ優勝に大きく貢献。 1986年、金沢次男?・大畑徹?との2対2の交換トレードで、高橋正巳?と共に横浜大洋ホエールズに移籍。 1990年、加茂川重治?との交換トレードで中日ドラゴンズに移籍し、現役引退。 1991年より、日本ハム・ファイターズのスカウトを務める。 2005年より、フライヤーズ・ファイターズOB会長を務める。 2007年、北信越BCリーグ・「信濃グランセローズ」の監督に就任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ野球
  • 投手
  • 選手
  • 横浜市
  • タイトル
  • プロ
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 旭区
  • 監督
  • 神奈川県
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 関連
  • いさむ
  • 優秀
  • 出身
  • 史上初
  • 新人
  • 日本
  • 木田
  • 獲得者