生年月日データベース

エドワード・ジェンナーEdward Jenner

医学者[イギリス]

1749年 5月17日

1823年 1月26日 死去享年75歳
エドワード・ジェンナー - ウィキペディアより引用

エドワード・ジェンナー(Edward Jenner、1749年5月17日 - 1823年1月26日)は、イギリスの医学者。
それまで行われていた人痘接種より安全性の高い種痘(牛痘接種)法を開発した近代免疫学の父。
元々はジョン・ハンターのもとで医学の教えを受けた田舎の開業医だった。
この時代、イギリスでは天然痘はしばしば流行していた。
天然痘に対する予防接種は、オスマントルコ駐在大使夫人だったメアリー・モンターギュが現地で、天然痘患者の膿疱から抽出した液を健康な人間に接種する人痘法を知り1721年に帰国すると自分の娘に種痘接種を施してイギリス上流階級に広めた。
ただ、この予防法では接種を受けた者の2パーセントは重症化して死亡するなど、危険を伴うものであった。
ジェンナーが医師として活動していた頃には、牛の乳搾りなどをして牛と接することによって自然に牛痘にかかった人間は、その後天然痘にかからないという農民の言い伝えがあった 。

■ 関連書籍

Edward Jenner 1749年5月17日、生まれ。1823年1月26日、死去。 イギリスの医学者。牛痘にかかった者は天然痘にかからないことに着目し、種痘を開発した。 (引用元 Hatena Keyword)

「エドワード・ジェンナー」と関連する人物

連想語句
  • 天然痘
  • 関連
  • オスマン
  • ジョン
  • ハンター
  • メアリー
  • 予防接種
  • 伝記
  • 免疫学
  • 医学
  • 帝国
  • 接種
  • 日本語訳
  • 書籍
  • 種痘
  • 著書
  • 開業医
  • もと
  • イギリス
  • ウォー
  • トリー
  • モンタギュー
  • 予防
  • 元々
  • 医学者
  • 外科医
  • 大使
  • 夫人
  • 学者
  • 安全性
  • 時代
  • 流行
  • 牛痘
  • 田舎
  • 近代
  • 開発
  • 駐在