誕生日データベース

神吉晴夫

光文社 元社長[日本]

1901年 2月15日

神吉 晴夫(かんき はるお、1901年 - 1977年)は兵庫県加古川市西神吉町出身の編集者、出版事業家。
カッパ・ブックスの創始者。
光文社社長。
かんき出版創業者。
社会派推理という語の創造者。

東京外国語学校 (旧制) 東京外国語学校仏語科と東京大学 東京帝国大学文学部仏文科を卒業し、講談社に入社。
自ら8か国語に堪能と称し、野間清治社長から破格の給与で遇された。
キングレコード時代は童謡プロデューサーとして「かもめの水兵さん」「赤い帽子白い帽子」「ふたァつ、ふたァつ、何でしょね」などのヒット曲を飛ばす。

著者の原稿を一字一句そのまま出版することが当たり前だった時代において、著者と出版社との共同作業による本作りを実行し、戦後最大の出版プロデューサーと呼ばれた。
光文社常務だった1954年、伊藤整「文学入門」と中村武志 (小説家) 中村武志「サラリーマン目白三平」を皮切りとして、軽装新書版による書き下ろしの「カッパ・ブックス」シリーズを創始。

■ 関連書籍

「神吉晴夫」と関連する人物

連想語句
  • 東京
  • カッパ
  • キングレコード
  • ブックス
  • プロデューサー
  • 仏文科
  • 光文社
  • 兵庫県
  • 出版
  • 加古川市
  • 外国語
  • 学校
  • 文学部
  • 社長
  • 童謡
  • 編集者
  • 著書
  • 西神吉町
  • 講談社
  • 野間清治
  • 関連
  • かんき
  • かんき出版
  • 中退
  • 事業家
  • 仏語
  • 入社
  • 出身
  • 創始者
  • 創業者
  • 卒業
  • 大学
  • 帝国
  • 旧制
  • 時代
  • 東京大学
  • 破格
  • 給与
  • 自ら
  • 貿易