誕生日データベース

永里亜紗乃ながさとあさの

女子サッカー選手[日本]

(2018年1月11日に入籍、あわせて妊娠していることを発表)
永里亜紗乃 - 元女子サッカー選手
永里 亜紗乃(ながさと あさの、1989年1月24日 - )は、神奈川県厚木市出身の元女子サッカー選手。
神奈川県立厚木北高等学校、日本女子体育大学出身。
ポジションはフォワード。
実兄の永里源気、実姉の大儀見(旧姓・永里)優季は2人共にサッカー選手である。
来歴・人物 兄の影響を受けて小1の頃姉とともに林サッカークラブでサッカーを始め、中学生になると日テレ・ベレーザの下部組織であるメニーナに所属。
2005年AFC U-17女子選手権に日本代表として出場。
得点王を獲得し優勝に貢献した。
2007年、ベレーザに昇格。
5月6日の伊賀FC戦でなでしこリーグ初出場を果たす。
2008年、FIFA U-20女子ワールドカップに出場。
北京オリンピックの日本代表候補にも選出された。
2011年9月11日、ロンドンオリンピックアジア最終予選の中国戦に先発出場。
2012年のなでしこリーグカップではMVPを獲得し、チームの優勝に貢献。
リーグ戦ではリーグ2位の19得点を挙げ、ベストイレブンと敢闘賞を受賞した。
2013年1月、姉の大儀見優季が当時所属していたドイツ・ブンデスリーガ1部の1.FFCトゥルビネ・ポツダムへ移籍。

■ 関連書籍

タイトル
なでしこになりたい! 女子サッカーのABC (スコラムック)
著者
発売元
スコラマガジン
発売日
2012-03-01
新品価格
より
中古商品
¥ 452 より
連想語句
サッカーベレーザ代表女子クラブゴールタイトルフォワード伊賀個人優季北高厚木学校成績日テレ日本女子体育大学永里永里源気県立神奈川試合選出選手関連くノ一フットボールポジションメニーナ下部中学生優勝出場出身実兄実姉影響得点所属日本昇格獲得組織貢献選手権

↑ PAGE TOP