生年月日データベース

松岡映丘まつおかえいきゅう

日本画家[日本]

1881年 7月9日

1938年 3月2日 死去享年58歳
松岡映丘 - ウィキペディアより引用

松岡 映丘(まつおか えいきゅう、1881年7月9日 - 1938年3月2日)は、大正・昭和初期にかけ活動した日本画家。
本名は輝夫。
生涯 播磨北部の神東郡田原村辻川(現在の兵庫県神崎郡福崎町辻川)の旧家・松岡家に産まれた。
兄には医師の松岡鼎、医師で歌人・国文学者の井上通泰(松岡泰蔵)、民俗学者の柳田國男、海軍軍人で民族学者、言語学者の松岡静雄がおり、映丘は末子にあたる。
他に3名兄がいたが夭折し、成人したのは映丘を含め5名で、これが世にいう「松岡五兄弟」である。
幼少時に、長兄鼎に引き取られ、利根川べりの下総中部の布川町(現在の茨城県北相馬郡利根町)に移った。
その時分より歴史画、特に武者絵を好み、日本画家を目指した。
明治28年(1895年)最初は狩野派の橋本雅邦に学んだが、鎧を描くのが大好きだった映丘には合わず半年ほどで通わなくなり、明治30年(1897年)兄の友人田山花袋の紹介で、今度は住吉派(土佐派の分派)の山名貫義に入門する。

■ 関連書籍

日本画家。兵庫県生。名は輝夫。生家は代々医家で兄は国文学者井上通泰・民族学者柳田国男・言語学者松岡静男。東美校卒。初め橋本雅邦の門に入り、のち山名貫義に大和絵を学び、ついで川合玉堂の指導を受ける。鏑木清方らと金鈴社を、岩田正巳らと新興大和絵会を起こし、また国画院を結成、大和絵の伝統を近代によみがえらせ、多くの名品を残した。帝展審査員。帝国芸術院会員。昭和13年(1938)歿、58才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 学者
  • 生涯
  • 兵庫県
  • 井上通泰
  • 代表作
  • 医師
  • 国文
  • 弟子
  • 播磨
  • 日本
  • 映丘
  • 書籍
  • 松岡
  • 松岡操
  • 松岡静雄
  • 松岡鼎
  • 柳田國男
  • 歌人
  • 民俗
  • 民族
  • 田原
  • 画家
  • 神崎郡
  • 神東
  • 福崎町
  • 言語
  • 辻川
  • 関連
  • これ
  • 北部
  • 夭折
  • 成人
  • 旧家
  • 末子
  • 本名
  • 泰蔵
  • 海軍
  • 現在
  • 軍人
  • 輝夫