誕生日データベース

由紀さおりゆきさおり

歌手[日本]

1948年 11月13日

由紀 さおり(ゆき さおり、1948年11月13日 - )は、日本の歌手、タレント、女優、ナレーター。
本名・旧芸名、安田 章子(やすだ あきこ)。
田辺エージェンシー・安田音楽事務所所属。
血液型はA型。
群馬県桐生市出身。
洗足学園第一高等学校卒業、洗足学園短期大学英文科卒業。
姉は歌手の安田祥子。
姉とシンガー・ソング・コメディアンを自称(正しくはシンギング・コメディエンヌ)。
安田章子としてデビュー 群馬県桐生市に生まれ、3歳で横浜市へ移る。
少女時代から姉の安田祥子と共に本名の「安田章子」名義で童謡歌手として活躍。
1965年にキングレコードから本名名義で「ヒッチハイク娘」にて歌謡曲の歌手としてデビューするが、ヒットに恵まれず停滞の時代に入る。
童謡歌手時代からの仕事であるCM曲やテレビ・ラジオ主題歌の吹き込みや、「大人の世界を歌えるように」という修行の意味合いもあったキャバレー・ナイトクラブへの出演を行いながら雌伏の時を過ごす。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

歌手、女優、司会者、タレント。群馬県桐生市生まれ。小学生時代からひばり児童合唱団に所属し、本名の安田章子で童謡歌手としてデビューする。同合唱団には高校生まで所属し、童謡歌手として活動を続けた。その後、NHKの子ども向け番組で「歌のお姉さん」を務める他、アニメの声優やCM曲を歌うなど活動の幅を広げた。現在では女優や司会、バラエティ番組の出演なども多い。 1969年には由紀さおりと改名して「夜明けのスキャット」でデビューし、同年12月の第20回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。70年には「手紙」で、第12回日本レコード大賞歌唱賞、73年には「恋文」で第15回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞するなど、ヒット曲を数多く出す。 「由紀さおり」としては歌謡曲を中心に活動してきたが、85年からは姉の安田祥子と共に童謡歌手として活動を始める。童謡アルバム「あの時、この歌」の発売や、童謡コンサートを開催。姉妹の童謡コンサートは以後25年にわたって各地で開催された。また、アルバム「あの時、この歌」は、86年の第28回日本レコード大賞企画賞受賞など、多くの賞を獲得した他、99年には「あの時この歌」「歌・うた・唄」シリーズが児童福祉文化賞推薦作品に選ばれるなど社会的な評価が高い。また、美しい日本の童謡を次代に伝え普及に努めた姉妹の活動に対して、94年に第42回菊池寛賞(日本文学振興会)が授与されている。更に姉妹には99年に平成11年度児童福祉文化賞も授与された。 由紀さおりは歌手として活動する一方で女優としても活躍し、83年に映画「家族ゲーム」に出演し83年度毎日映画コンクール助演女優賞を受賞。 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 安田
  • コメディエンヌ
  • 歌手
  • 章子
  • ひばり
  • エピソード
  • エージェンシー
  • コメディアン
  • デビュー
  • ナレーター
  • プライベート
  • 児童
  • 出場歴
  • 出発
  • 出身
  • 卒業
  • 司会
  • 各国
  • 合唱
  • 喜劇
  • 女優
  • 学園
  • 学校
  • 安田祥子
  • 桐生市
  • 洗足
  • 洗足学園短期大学
  • 活動
  • 田辺
  • 紅白歌合戦
  • 群馬県
  • 評価
  • 高等
  • あきこ
  • やす
  • ギング
  • シン
  • シンガー
  • ソング
  • 事務所
  • 所属
  • 文科
  • 本名
  • 自称
  • 芸名
  • 音楽