生年月日データベース

アン・リーAng Lee

映画監督[台湾]

1954年 10月23日

アン・リー - ウィキペディアより引用

アン・リー(中国語:李安、1954年10月23日 - )は、アカデミー監督賞二回、ゴールデングローブ賞 監督賞二回を受賞した台湾の外省人映画監督である。
1954年に台湾南部の屏東県(へいとうけん)の外省人の家庭に生まれ、台湾の国立芸術大学を卒業した後、1979年にアメリカへ渡り、イリノイ大学とニューヨーク大学で映画制作を学ぶ。
在学中にスパイク・リーと知り合い、彼の映画の製作を手伝ったこともある。
太極拳の使い手としても知られ、デビューの作品『推手』において、太極拳を重要な要素として使っている。
ただし、演出上においては、武術的なものとエンターテイメントを分けて考えていると発言している。
『ウェディング・バンケット』と『いつか晴れた日に』でベルリン映画祭金熊賞を、『グリーン・デスティニー』でアカデミー外国語映画賞を受賞。
『いつか晴れた日に』で本格的にハリウッド進出して以来、異なるジャンルで優れた作品を多数発表している。
『ブロークバック・マウンテン』では第78回アカデミー監督賞を受賞。
2006年、中華民国政府より、二等景星勲章を授与される。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

李安。台湾出身の映画監督。国立芸術大学を卒業後アメリカに渡り,映画製作を学ぶ。「ウェディング・バンケット(喜宴)」(1993)と「いつか晴れた日に」(1995)でベルリン映画祭金熊賞を,「グリーン・デスティニー(臥虎蔵龍)」(2000)でアカデミー外国語映画賞を受賞。「いつか晴れた日に」で本格的にハリウッド進出して以来,異なるジャンルで優れた作品を多数発表。「ブロークバック・マウンテン」(2005)では第78回アカデミー監督賞を受賞,アジア人初のアカデミー賞監督に輝く。第64回ベネチア国際映画祭に出品した「ラスト,コーション(色,戒)」(2007)でも金獅子賞を獲得した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 監督
  • 大学
  • 作品
  • 台湾
  • 映画
  • 受賞
  • 外省人
  • イリノイ
  • グローブ
  • ゴールデン
  • スパイク
  • ニューヨーク
  • リー
  • 国立
  • 太極拳
  • 屏東
  • 芸術
  • 関連
  • とうけん
  • へい
  • アメリカ
  • デビュー
  • 使い手
  • 制作
  • 卒業
  • 南部
  • 在学
  • 家庭
  • 製作