誕生日データベース

谷口清超たにぐちせいちょう

宗教家、生長の家 総裁[日本]

1919年 10月23日

谷口 清超(たにぐち せいちょう、1919年10月23日 - 2008年10月28日)は宗教家。
生長の家第2代総裁。
広島県広島市出身。
生長の家創始者・谷口雅春の娘婿。
東京帝国大学文学部心理学科卒業。
実父はかつて裁判官をしていた荒地清介、実母は荒地多加代。
来歴・生涯 青春時代 東京帝大卒業後、戦争の激化で軍役に就くものの、すぐ肺を病み療養のため病院に入院。
そこで相部屋の上等兵より谷口雅春の『生命の實相』を見せられ、その教えに感動する。
終戦後、「万教帰一」を唱える雅春は、GHQの厳しい思想統制に対して西洋の光明思想を翻訳・紹介する文筆活動を開始、その翻訳助手を募集する広告を新聞に掲載。
それを見た荒地清超はすぐに上京し、谷口宅を訪問。
ここで後に妻となる、雅春の一人娘である谷口恵美子と知り合う。
その後、荒地清超の人間性と才能を高く評価していた雅春夫妻は、恵美子との結婚を提案する。
清超は驚きながらもそれを承諾、1946年11月13日に2人は結婚し、清超は谷口家の養嗣子となる。

■ 関連書籍

「谷口清超」と関連する人物

連想語句
  • 時代
  • 生涯
  • 青春
  • 谷口雅春
  • 卒業
  • 家族
  • 就任
  • 布教
  • 広島市
  • 文学部
  • 晩年
  • 東京
  • 活動
  • 生命
  • 総裁
  • 翻訳
  • 荒地
  • 著書
  • 上等兵
  • 入院
  • 出身
  • 創始者
  • 多加代
  • 大学
  • 娘婿
  • 実母
  • 実父
  • 帝国
  • 帝大
  • 広島県
  • 心理学
  • 戦争
  • 東京大学
  • 清介
  • 激化
  • 生長
  • 病院
  • 療養
  • 相部屋
  • 裁判官
  • 軍役