生年月日データベース

筒井康隆つついやすたか

作家[日本]

1934年 9月24日 生 (満83歳)

筒井 康隆(つつい やすたか、1934年(昭和9年)9月24日 - )は、日本の小説家・劇作家・俳優である。
ホリプロ所属。
身長166cm。
小松左京、星新一と並んで「SF御三家」とも称される。
パロディやスラップスティックな笑いを得意とし、初期にはナンセンスなSF作品を多数発表。
1970年代よりメタフィクションの手法を用いた前衛的な作品が増え、エンターテインメントや純文学といった境界を越える実験作を多数発表している。
戦国時代の武将筒井順慶と同姓であり、その子孫であるとの設定で小説「筒井順慶」を書いている。
先祖は筒井順慶家の足軽だったらしい、と筒井は述べている。
父は草分け期の日本の動物生態学者で、大阪市立自然史博物館の初代館長筒井嘉隆。
息子は画家筒井伸輔。
大学卒業まで 1934年(昭和9年)、父・筒井嘉隆と母・八重の長男として、父方の実家である大阪府大阪市北堀江に出生。
生家は住吉区山坂町(現在の東住吉区山坂)。
筒井は初期に自筆年譜を書き、船場生まれとしていたが、これは複数の勘違いが重なった事によるもので、その後修正されている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

つついやすたか [生]1934.9.24.大阪小説家。同志社大学卒業。学生時代からSF小説を書く。26歳でSF同人誌『NULL』を創刊し『お助け』を発表,『宝石』に転載される。1965年の『東海道戦争』『48億の妄想』で話題となり,のち『ベトナム観光公社』(1967),『家族八景』(72)などが直木賞候補となる。最初の文学賞は『虚人たち』(81)の泉鏡花賞。その後『虚航船団』(84),『夢の木坂分岐点』(87)などで作家としての地位を確立。『文学部唯野教授』(90)は知のファッション化の時代を風刺して広く読まれた。現代日本文学の新方向への開拓者の一人として注目される。93年10月,差別表現への糾弾が過激化する社会風潮に抗議するとして断筆宣言。『筒井康隆全集』(24巻,83~85)がある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 筒井順慶
  • ナンセンス
  • 初期
  • スティック
  • スラップ
  • フィクション
  • ホリプロ
  • メタ
  • 作品
  • 前衛
  • 動物
  • 卒業
  • 博物館
  • 執筆
  • 多数
  • 大学
  • 大阪
  • 学者
  • 宣言
  • 小松左京
  • 市立
  • 文学
  • 断筆
  • 星新一
  • 活動
  • 発表
  • 筒井伸輔
  • 筒井嘉隆
  • 自然
  • エンターテインメント
  • パロディ
  • 先祖
  • 初代
  • 受賞
  • 叙勲
  • 同姓
  • 境界
  • 子孫
  • 実験
  • 小説
  • 得意
  • 御三家
  • 息子
  • 戦国時代
  • 所属
  • 手法
  • 日本
  • 武将
  • 生態
  • 画家
  • 笑い
  • 筒井
  • 純文学
  • 草分け
  • 設定
  • 足軽
  • 館長