誕生日データベース

レイ・チャールズRay Charles

ミュージシャン[アメリカ]

1930年 9月23日

レイ・チャールズ - ウィキペディアより引用

レイ・チャールズ・ロビンソン(Ray Charles Robinson、1930年9月23日 - 2004年6月10日)は、アメリカ合衆国・ジョージア州オールバニ出身の歌手、ピアニスト。
盲目というハンディを背負いながらも、R&Bやジャズ、ゴスペル、黒人霊歌などのブラックミュージックを、黒人である自らのルーツを遡って行くような音楽活動の中で、自分の魂を歌うという「ソウルミュージック」の形を自らで実証し、「ソウルの神様」と呼ばれたカリスマとなった。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第10位。
「Q誌の選ぶ歴代の偉大な100人のシンガー」において第24位。
生涯 6歳の頃、仲の良かった弟のジョージ・ロビンソンを亡くした。
その9か月後、緑内障のために失明した。
目が見えないというハンディを背負いながらもピアノを学び、また盲学校に通う。
1947年にシアトルに移り、この頃クインシー・ジョーンズと出会う。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

の言及 【ソウル・ミュージック】より …〈ソウル〉はスラングとして,アメリカ黒人間の共通意識,特有の資質などを感覚的に表し,ソウル・ミュージックも〈魂の音楽〉という意味に解するよりも,アメリカ黒人の自己確認のための音楽といった含みでとらえるべきであろう。強烈なビートとステージ・アクションで聴衆を引きつけていたリズム・アンド・ブルースがソウル・ミュージックへ転換する先駆をなしたのは,歌手でピアニストのレイ・チャールズと歌手のサム・クックSamCooke(1935‐64)である。ともに50年代後半に,ゴスペルの要素をリズム・アンド・ブルースに持ち込んだ曲をヒットさせた。… ※「レイ・チャールズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ミュージック
  • 生涯
  • ジョージア州
  • ソウル
  • オールバニ
  • ゴスペル
  • シンガー
  • シングル
  • ジャズ
  • ストーン
  • ピアニスト
  • ブラック
  • リスト
  • ローリング
  • 作品
  • 歌手
  • 歴史
  • 盲目
  • 自ら
  • 音楽
  • 黒人
  • アンド
  • アーティスト
  • カリスマ
  • ハンディ
  • ブルース
  • リズム
  • ルーツ
  • 出身
  • 実証
  • 歴代
  • 活動
  • 神様
  • 自分
  • 霊歌
  • 黒人霊歌