誕生日データベース

吉田秀和よしだひでかず

音楽評論家[日本]

1913年 9月23日

吉田秀和 - ウィキペディアより引用

吉田 秀和(よしだ ひでかず、1913年(大正2年)9月23日 - 2012年(平成24年)5月22日)は、日本の音楽評論家、随筆家。
来歴・人物 クラシック音楽の豊富な体験・知識をもとに、音楽の持つ魅力や深い洞察をすぐれた感覚的な言葉で表現、日本の音楽評論において先導的役割を果たす。
音楽のみならず文学や美術など幅広い分野にわたる評論活動を続け、日本の音楽評論家としては初の個人全集が刊行されて、第2回大佛次郎賞を受けた。
大の相撲好きとしても知られる。
朝日新聞夕刊に『音楽展望』を寄稿した。
毎月の寄稿は一時期、中断していたが、2006年11月に復帰、以後、年4回のペースで掲載。
約2年の長期中断の理由は、2003年11月に夫人吉田=クラフト・バルバラ (1927年ベルリン出身で、ドイツ語で日本文化・文学の研究紹介をしていた)の死去による精神的衝撃が大きいためとされる。
連載執筆や、NHK-FM放送で1971年から、約40年にわたって続けられている『名曲のたのしみ』の番組構成・司会を継続して行なうなど、2012年に98歳で亡くなるまで精力的に活動を続けた。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

音楽評論家。 1913年、東京生まれ。クラシック音楽の評論家として活躍。小林秀雄、大岡昇平、中原中也らと親交を持つ。いってみればあの時代の文壇の「最後の生き証人」と言えるかもしれない。 1982年に紫綬褒章を、2006年に文化勲章を受章。2012年5月に急性心不全のため死去。 彼の評論は、「感覚的」「エッセイもどき」と呼ばれることが少なくない。しかし著作を丹念に読めば、豊富な音楽的な知識と、楽譜に対する深い読みに裏付けられた上での「感覚的な」評論であることがわかる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 音楽
  • 全集
  • 日本
  • 評論家
  • クラシック
  • 共著
  • 再編
  • 出演
  • 単著
  • 大佛次郎
  • 文学
  • 文庫
  • 編著
  • 美術
  • 著作
  • 訳書
  • 訳詞
  • 評論
  • 選集
  • 随筆家
  • もと
  • 体験
  • 個人
  • 分野
  • 刊行
  • 役割
  • 洞察
  • 活動
  • 知識
  • 表現
  • 言葉
  • 豊富
  • 魅力