誕生日データベース

ロナウドRonaldo Luis Nazario de Lima

男子サッカー選手[ブラジル]

1976年 9月22日

ロナウド - ウィキペディアより引用

ロナウド・ルイス・ナザリオ・ジ・リマ(Ronaldo Luís Nazário de Lima、 1976年9月22日 - )は、ブラジル連邦共和国リオデジャネイロ市出身の元サッカー選手。
ポジションはフォワード。
90年代から2000年代を代表するストライカーの1人。
ブラジル代表の一員として4度のFIFAワールドカップ(1994年アメリカ大会(出場機会なし)、1998年フランス大会、2002年日韓大会、2006年ドイツ大会)に出場。
MVPに選ばれたフランス大会では準優勝、得点王になった日韓大会では優勝に大きく貢献した。
ブラジル代表通算62得点は77得点のペレに次ぐ第2位。
1999年・2000年の大怪我以降トップコンディションに戻ることはなかったが、それでも高いゴールへの嗅覚を発揮し多くの得点を挙げた。
また、若くしてヨーロッパに渡り、FCバルセロナ、インテル・ミラノ、レアル・マドリード、ACミランといったビッグクラブでプレー。
それぞれのクラブでタイトルを獲得したほか、個人としてもFIFA最優秀選手賞を3度、バロンドールを2度受賞するなど、大きな成功を収めた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ろなうどRonaldoLuizNazriodeLima(1976―) ブラジルのプロサッカー選手。9月22日、ブラジルのベント・リベイロBentoRibeiro(リオ・デ・ジャネイロ州)に生まれる。ブラジルのソシアル・ラモス、サンクリスバンといった小クラブを経て、クルゼイロで活躍。17歳で1994年ワールドカップ・アメリカ大会のメンバーに選ばれた。すでに「将来はペレを超える逸材」といわれていたが、当時はロマーリオRomriodeSouzaFaria(1966―)、ベベットJosRobertoGamadeOliveira(Bebeto)(1964―)の2トップが最盛期にあり、ロナウドの出番はなく、ベンチを温めたまま世界チャンピオンになった。大会直後に、オランダのPSVアイントホーフェンへ移籍。さらにFCバルセロナ(スペイン)へ移籍した1996~1997年シーズンには、その力を発揮した。1997年インテル(イタリア)へ、2002年レアル・マドリード(スペイン)へ移籍。2007年1月、ACミラン(イタリア)へ移籍した。抜群のスピードを生かした突破力がトレードマークである。一人で数人を抜き去って次々と得点を重ねるセンセーショナルなプレースタイルで、1997年のヨーロッパ最優秀選手賞(バロンドール)を受賞。また1996、1997年のFIFA(国際サッカー連盟)世界最優秀選手に選ばれた。1998年ワールドカップ・フランス大会では、エースとして出場。しかし、疲労と負傷から満足なプレーができないまま、決勝でフランスに敗れた。ワールドカップ韓国/日本大会では7試合で8ゴールの活躍をみせ、得点王となった。ドイツとの決勝では2得点し、優勝の立役者であった。2002年もバロンドールを受賞、FIFA世界最優秀選手にも選ばれた。[西部謙司]その後の動き20 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ワールドカップ
  • 大会
  • サッカー
  • 選手
  • 代表
  • ブラジル
  • ジダン
  • ジネディーヌ
  • ドール
  • バロン
  • フォワード
  • フランス
  • ペレ
  • マドリード
  • リオデジャネイロ
  • レアル
  • 優秀
  • 出場
  • 大使
  • 得点
  • 日韓
  • 親善
  • 計画
  • 通算
  • 開発
  • アメリカ
  • キャンペーン
  • ストライカー
  • チーム
  • ドイツ
  • プロ
  • ポジション
  • メイト
  • 一員
  • 保持者
  • 優勝
  • 出身
  • 協力
  • 受賞
  • 国連
  • 国際
  • 成功
  • 撲滅
  • 時代
  • 最多
  • 機会
  • 歴代
  • 歴史
  • 準優勝
  • 記録
  • 貢献
  • 貧困
  • 連合