誕生日データベース

浅利純子

マラソン選手[日本]

1969年 9月22日

浅利 純子(あさり じゅんこ、現姓・高橋純子。
1969年(昭和44年)9月22日 - )は、1990年代に活躍した秋田県鹿角市出身の元女子マラソン選手。
現在三児の母。
女子マラソンで日本人初の世界チャンピオン、アトランタオリンピック代表。
現役時はダイハツ所属。
身長164cm。
1988年3月 - 秋田県立花輪高等学校卒業(高校の後輩に2001年・世界陸上エドモントン大会男子マラソン代表の高橋健一、2008年・北京オリンピック長距離走代表の松宮隆行らがいる)。
同年4月ダイハツ工業入社。
1991年1月27日 - 大阪国際女子マラソン12位。
2時間37分01秒(初マラソン。
優勝はカトリン・ドーレ、2位は当時日本女子最高記録達成の有森裕子)。
レース前半で先頭から遅れ、優勝争いには殆ど絡めずじまいに終わった。
1992年1月26日 - 大阪国際女子マラソン6位。
2時間28分57秒。
(優勝はチームメイトで当時日本女子最高記録達成の小鴨由水、同年のバルセロナオリンピック代表となった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • マラソン
  • オリンピック
  • 世界
  • 代表
  • 女子
  • アトランタ
  • ダイハツ工業
  • ベスト
  • 北京
  • 受賞
  • 大会
  • 学校
  • 所属
  • 書籍
  • 松宮隆行
  • 秋田県
  • 立花
  • 自己
  • 記録
  • 選手
  • 長距離
  • 関連
  • 陸上
  • 高橋健一
  • 高等
  • エドモントン
  • ダイハツ
  • チャンピオン
  • 上部
  • 入社
  • 出身
  • 卒業
  • 同年
  • 後輩
  • 日本人
  • 現在
  • 現役時
  • 男子
  • 角市
  • 選手権
  • 陸上競技
  • 高校
  • 鹿角市