生年月日データベース

谷沢健一やざわけんいち

プロ野球選手、解説者[日本]

(中日ドラゴンズで活躍)

1947年 9月22日 生 (満71歳)

谷沢 健一(やざわ けんいち、1947年9月22日 - )は、千葉県東葛飾郡柏町(現:柏市)出身の元プロ野球選手。
現在は野球解説者。
左投左打、主なポジションは一塁手、左翼手。
現役時代は中日ドラゴンズで17年間主軸打者として活躍し、引退後はフジテレビ・東海テレビ・東海ラジオの解説者、西武ライオンズの打撃コーチを歴任した。
プロ入りまで 千葉県の習志野市立習志野高等学校では2年生からレギュラーとなり、控え投手もこなす。
2年生のときには、津田沼から谷津遊園の区間で東京オリンピックの聖火ランナーを務めている。
また、公開競技としておこなわれたオリンピックの野球(大学選抜チーム)の日本対アメリカ戦を神宮球場で観戦した。
3年生時の1965年、夏の甲子園予選東関東大会の県予選準決勝に進出するが、銚子商の木樽正明投手に完封され大敗。
甲子園出場はならなかった。
銚子商は甲子園で準優勝。
高校同期に阪急入りした斎藤喜内野手がいる。
一般入試で早稲田大学第二文学部社会専修に入学。
東京六大学リーグでは、レギュラーに定着した2年生の1967年春季リーグで首位打者を獲得するなど、東京六大学を代表する左の強打者として活躍。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球、中日ドラゴンズの選手。 右投左打、ポジションは外野手→一塁手。背番号は14→41*1番。 千葉県出身。 早稲田大学より1970年、ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。1年目からレギュラーに定着し新人王に輝く。 巧打の中距離打者として活躍し、1974年の巨人V10を阻止。セ・リーグ優勝に貢献。 1976年にイメージチェンジの発想により、背番号を変更。打率.355で首位打者を獲得。 1978年、大学時代から持病のアキレス腱痛が悪化しシーズン途中で2軍落ち。 有効な治療法が無く選手生命が危ぶまれたものの、日本酒を患部に塗ってマッサージする独自の療法を続け、 1979年9月23日対大洋24回戦(ナゴヤ球場)の7回に代打で登場してファンの大声援を浴びた。 翌1980年に打率.369で2度目の首位打者、カムバック賞を受賞し見事復活を遂げた。 1982年、近藤貞雄監督の下、セ・リーグ優勝に貢献。 以降、ドラゴンズの4番打者として、田尾安志、大島康徳、宇野勝らと共に強竜打線を支えた。 1987年、監督に就任した星野仙一に引退勧告され、現役引退。 フジテレビ・東海テレビの解説を務める。 1995年、西武ライオンズの打撃コーチに就任も、同年退団。 2004年、社会人クラブチーム、西多摩倶楽部の監督に就任。 2006年、千葉県柏市に硬式クラブ野球チームを結成し、監督に就任。 *1:イメージアップの為に、14「いいよ」から、41「よい」に変更。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 解説者
  • 千葉県
  • 時代
  • アキレス腱
  • プロ
  • プロ野球
  • マッサージ
  • ラジオ
  • 一塁手
  • 中日
  • 中日ドラゴンズ
  • 克服
  • 左翼手
  • 打撃
  • 指導者
  • 東海
  • 東葛飾郡
  • 柏市
  • 柏町
  • 詳細
  • 選手
  • 野球
  • けんいち
  • やざわ
  • コーチ
  • フジテレビ
  • フジテレビジョン
  • ポジション
  • 主軸
  • 健一
  • 出身
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 打者
  • 放送
  • 東海テレビ
  • 東海テレビ放送
  • 歴任
  • 活躍
  • 現在
  • 現役
  • 西武ライオンズ
  • 谷沢