生年月日データベース

山本鉱太郎やまもとこうたろう

作家[日本]

1929年 9月15日 生 (満89歳)

山本 鉱太郎(やまもと こうたろう、1929年9月15日 - )は東京都江東区深川木場出身の旅行作家、劇作家。
現在千葉県流山市在住。
栃木県立足利高等学校、群馬大学卒。
旅行をテーマにした作品の小説が多い。
「日本旅のペンクラブ」代表。
1929年9月15日 東京都江東区深川木場に生まれる。
父は材木商。
4人兄弟の長男。
1936年 江東区立明治小学校入学。
1943年 東京都立第七中学校入学(現東京都立墨田川高等学校)。
1945年3月10日 B29による東京夜間大爆撃で戦災に遭い、九死に一生の体験。
一家は親戚を頼って栃木県足利に疎開する。
1945年9月 栃木県立足利中学校に編入入学。
母の闘病生活始まる。
1948年4月 官立桐生工業専門学校応用化学科入学。
桐生の寮に下宿。
1949年 群馬大学工学部応用化学科に入学。
学習塾を開いたり、ユネスコ運動をしたりして充実した学生生活を送る。
1953年 群馬大学を卒業。
父の家業を継がず、昭和30年頃より放送作家となる。
しばらくは江東区深川平野1丁目の焼跡に建っていたバラック住宅に家族と住み、やがて新築。

■ 関連書籍

「山本鉱太郎」と関連する人物

連想語句
  • 学校
  • 高等
  • 入学
  • 東京
  • 栃木
  • 県立
  • 足利
  • 都立
  • 墨田
  • 群馬大学
  • クラブ
  • ペン
  • 中学校
  • 区立
  • 千葉県
  • 小学校
  • 日本
  • 明治
  • 東京大空襲
  • 東京都
  • 栃木県
  • 桐生
  • 江東
  • 江東区
  • 流山市
  • 足利市
  • テーマ
  • 一家
  • 一生
  • 下宿
  • 九死
  • 代表
  • 体験
  • 作品
  • 兄弟
  • 化学科
  • 在住
  • 官立
  • 専門
  • 小説
  • 工業
  • 応用
  • 戦災
  • 旅行
  • 木場
  • 材木
  • 桐生市
  • 深川
  • 生活
  • 疎開
  • 編入
  • 群馬大
  • 航空機
  • 親戚
  • 長男
  • 闘病