生年月日データベース

ウィリアム・タフトWilliam Howard Taft

政治家、アメリカ合衆国第27代大統領[アメリカ]

1857年 9月15日

1930年 3月8日 死去享年74歳
ウィリアム・タフト - ウィキペディアより引用

『ウィリアム・H・タフト』より : ウィリアム・ハワード・タフト(英: William Howard Taft, 1857年9月15日 - 1930年3月8日)は、第27代アメリカ合衆国大統領および第10代アメリカ合衆国最高裁判所長官。
同国でいったん大統領を退任したのちに再び連邦の公職に就いた数少ない大統領のひとりであり、行政府と司法府の双方の長を務めた唯一の人物でもある。
1857年にシンシナティの名家タフト家に生まれ、「ビッグ・ビル」は1878年にイェール大学を卒業、1880年にシンシナティ・ロー・スクールを卒業した。
彼は様々な地方の法律職を経験し、1887年にオハイオ州最高裁判所に勤務する。
1890年、タフトは合衆国訟務長官に任命され、1891年には第6連邦巡回区控訴裁判所判事に任命される。
1900年、ウィリアム・マッキンリー大統領はタフトをフィリピン民政長官に任命した。
1904年にセオドア・ルーズベルト大統領はタフトを陸軍長官に任命した。
ルーズベルトは当時のタフトを政治的に近い位置にいると考え、自らの後継者に指名した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 大統領
  • 長官
  • 概要
  • アメリカ
  • 合衆国
  • 最高
  • 裁判所
  • フィート
  • 内閣
  • 司法
  • 政治
  • 生涯
  • 行政府
  • 陸軍
  • ひとり
  • 公職
  • 双方
  • 同国
  • 唯一
  • 退任
  • 連邦