誕生日データベース

フランク・プゥルセルFranck Pourcel

作曲家[フランス]

1913年 8月14日

フランク・プゥルセル(フランク・プールセル、フランク・プルセル、Franck Pourcel、1913年8月11日 - 2000年11月12日)は、フランス・マルセイユ生まれの作曲家、編曲家、指揮者。

1913年8月11日、フランスのマルセイユに生まれる。
父親が海軍軍楽隊の一員だったことから、幼少時から父よりヴァイオリン等の手ほどきを受け、その後マルセイユ、パリの音楽学校で学ぶ。
18歳の時に故郷に戻って、マルセイユのオペレッタ劇場の楽団に入りヴァイオリンを弾いていたが、1935年頃から特にポピュラー音楽に興味を持ち、作曲・編曲及び指揮者としても活躍する様になり、その後、シャンソン歌手のリシュエンヌ・ボワイエの伴奏を担当して各国を歴訪し、好評を博した。

その後1952年に、彼は独自の楽団を結成してデビューをし、50年代半ば頃からフランス随一の人気楽団として確固たる地位を築く様になり、当時、米のパーシー・フェイス、英のマントヴァーニと並んでイージーリスニング界の3大リーダーの1人と言われる様になった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「フランク・プゥルセル」と関連する人物

連想語句
  • マルセイユ
  • 活動歴
  • 指揮者
  • 楽団
  • オペレッタ
  • テレビ
  • テーマ
  • パーシー
  • フェイス
  • マントヴァーニ
  • ラジオ
  • ヴァイオリン
  • 作曲家
  • 日本
  • 番組
  • 編曲家
  • 関連
  • 音楽
  • 音源
  • イージー
  • シャンソン
  • デビュー
  • パリ
  • フランス
  • ボワイエ
  • ポピュラー
  • リシュエンヌ
  • リスニング
  • リーダー
  • 一員
  • 人気
  • 伴奏
  • 作曲
  • 劇場
  • 半ば
  • 各国
  • 地位
  • 学校
  • 幼少時
  • 当時
  • 手ほどき
  • 担当
  • 故郷
  • 歌手
  • 歴訪
  • 活躍
  • 海軍
  • 父親
  • 結成
  • 編曲
  • 興味
  • 軍楽隊
  • 随一