生年月日データベース

蓮實重彦はすみしげひこ

フランス文学者評論家、元東京大学総長[日本]

1936年 4月29日 生 (満82歳)

蓮實 重彥(はすみ しげひこ、1936年(昭和11年)4月29日 - )は、東京府生まれのフランス文学者(パリ大学博士)、映画評論家、文芸評論家、編集者。
第26代東京大学総長、東京大学名誉教授。
『反=日本語論』で第29回読売文学賞を受賞。
2007年、『「赤」の誘惑 フィクション論序説』を発表。
2008年、7年ぶりとなる批評集『映画崩壊前夜』を発表する。
そのほかの著書に『批評あるいは仮死の祭典』(1974年)、『表層批評宣言』(1985年)などがある。
立教大学時代の教え子として映画監督の黒沢清、青山真治などがいる。
年表 1936年 - 東京府(現・東京都)麻布区(現・港区)六本木町(現・六本木)に生まれる。
父は美術史家の蓮實重康。
1943年 - 学習院初等科へ入学。
1949年 - 学習院中等科へ進学。
1952年 - 学習院高等科へ進学。
1955年 - 大学受験に失敗。
研数学館で浪人生活を送る。
1956年 - 東京大学教養学部文科二類(現・三類)へ入学。
1958年 - 東京大学文学部仏蘭西文学科へ進学。

■ 関連書籍

はすみしげひこ [生]1936.4.29.東京評論家,フランス文学者。東京大学卒業,同大学院へと進み,講師,助教授を経て,教授。1977年『反=日本語論』で読売文学賞を受賞。続く『表層批評宣言』(1979)などで,客観的に正しい作品論の成立を期待する従来の批評とは異なる,ポスト構造主義批評を展開した。映画批評にも積極的。その息の長い文体,「表層」「物語」「制度」などの独特な語彙は,若者のなかに多くの亜流を生んだ。主著に『フーコー・ドゥルーズ・デリダ』(78),『監督小津安二郎』(83),『凡庸な芸術家の肖像-マクシム・デュカン論』(88)など。また,小説『陥没地帯』(86)がある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京大学
  • エピソード
  • パリ
  • フランス
  • 共編
  • 大学
  • 小説家
  • 文化
  • 文学者
  • 映画
  • 翻訳
  • 著書
  • 蓮實重康
  • 表象
  • 関連
  • 仏文科
  • 仏語
  • 卒業
  • 博士
  • 博士号
  • 史学者
  • 大学院
  • 専攻
  • 文学部
  • 総長
  • 美術