生年月日データベース

井上一樹いのうえかずき

プロ野球選手、コーチ[日本]

1971年 7月25日

井上一樹 - ウィキペディアより引用

井上 一樹(いのうえ かずき、1971年7月25日 - )は、鹿児島県出身の元プロ野球選手(外野手)。
中日ドラゴンズに所属し、2006年から2007年は選手会長を務めた。
2009年を以って現役を引退し、2010年は中日の打撃コーチ、2011年は中日の二軍監督、2012年から2013年までは中日の一軍打撃コーチを務めた。
アマチュア時代 陵南小学校時代にソフトボールを始める。
陵南中学校時代に軟式野球部に入部。
鹿児島商業高校時代は、投手兼外野手として甲子園に1回出場。
高校通算40本塁打を記録し、野手・投手の双方で注目を浴びる。
1989年のドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受けて入団。
現役時代 入団直後は投手として起用されたが、満足のいく成績を残せずに1994年から打者転向。
この年、ジュニアオールスターでMVPを獲得。
1996年に背番号を38から99に変更した。
1998年に就任した水谷実雄打撃コーチの指導の下、徐々に素質が開花し始めた。
1999年は7番打者として4月2日の広島東洋カープ戦から4月28日の阪神タイガース戦まで開幕21試合連続安打を記録するなど、正外野手として、攻守にわたって同年のリーグ優勝やリーグ新記録の開幕11連勝に貢献する働きを見せる。

■ 映像作品

■ 音楽作品

プロ野球選手(投手→外野手)。背番号は38→99→9。 1971年7月25日生まれ。鹿児島県霧島市出身。A型。左投左打。 鹿児島商業高校から1989年ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。 入団当初は投手だったものの1994年から打者転向し徐々に素質が開花。 1999年にはピンクのリストバンドを着用したことからピンキーのニックネームで呼ばれ 開幕21試合連続安打を記録するなどリーグ優勝に貢献。 2006年から選手会長を2年務めファンサービスなどにも尽力。 2009年、現役引退。 錣山親方(元関脇寺尾)や井筒親方とは親戚関係。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 野球
  • 出典
  • 選手
  • プロ野球
  • 中日
  • 中日ドラゴンズ
  • 名誉毀損
  • 外野手
  • 霧島市
  • 鹿児島県
  • いのうえ
  • お願い
  • コーチ
  • 一樹
  • 不完全
  • 不足
  • 中傷
  • 二軍
  • 井上
  • 会長
  • 伝記
  • 出身
  • 協力
  • 可能
  • 引退
  • 所属
  • 打撃
  • 提供
  • 有害
  • 材料
  • 現役
  • 監督
  • 誹謗
  • 論争
  • 除去