生年月日データベース

安西水丸あんざいみずまる

イラストレーター[日本]

1942年 7月22日 生 (満76歳)

安西 水丸(あんざい みずまる、本名:渡辺 昇(わたなべ のぼる)、1942年7月22日 - 2014年3月19日)は、日本のイラストレーター、漫画家、エッセイスト、作家、絵本作家。
東京都港区赤坂生まれ。
血液型AB型。
7人兄弟の末っ子で姉が5人いた。
一番下の姉とは7つ離れている。
生家は祖父の代から建築設計事務所を営んでいた。
1945年、重い喘息を患い、母の郷里である千葉県千倉町(現・南房総市千倉町)へと移住。
幼少期を千倉で暮らす。
その頃の体験や思い出は、初期の漫画作品、エッセイ、小説など多くの作品に登場している。
「千倉」は安西水丸にとっての、重要なキーワードとなっている。
千倉はすべての心象のルーツであるように描かれている。
1949年、千倉町立七浦小学校に入学。
1961年、日本大学豊山高等学校卒業。
日本大学藝術学部美術学科造形コースに入学。
1965年、同大学を卒業。
電通にアートディレクターとして就職。
1969年、同社を退社して渡米。
現地でADアソシエイツ(N.Y.のデザインスタジオ)に就職。
1971年、帰国。
平凡社のADとなり、そこで当時雑誌『太陽』の編集をしていた嵐山光三郎に誘われたのをきっかけに、デザイナーからイラストレーターへと転向。

■ 関連書籍

日本のイラストレーター、マンガ家、エッセイスト、作家。本名は渡辺昇。 1942年、東京都生まれ。7人兄弟の末っ子。中学生の頃からイラストレーターを志望し、バウハウスシステムでグラフィックデザインを学べることや語学など一般教養の学科が充実していることから日本大学藝術学部に入学。65年、同美術学科造形コース卒業。卒業後は、電通、ニューヨークのデザインスタジオADAC、平凡社でアートディレクターを務め、主にエディトリアルデザインを担当。平凡社に在職中、編集者として同社に勤務していた作家の嵐山光三郎から、一緒に仕事をしないかと声をかけられたのがきっかけでイラストレーションの仕事を始める。76年、嵐山の文章に挿画を提供し、『ピッキーとポッキー』(福音館書店)を出版。81年、安西水丸事務所を設立し、フリーのイラストレーターとして独立した。 都会的で親しみやすく温かみのある画風で知られ、広告、装丁、小説、エッセイなど多方面で活躍した。絵本『がたんごとんがたんごとんざぶんざぶん』(福音館書店)、小説集『アマリリス』、エッセイ集『青豆とうふ』(共に新潮社)、訳書『真夏の航海』(トルーマン・カポーティ著ランダムハウス講談社)など、著書・翻訳書多数。嵐山光三郎の紹介により、雑誌「ガロ」で『青の時代』などのマンガも連載した。小説家の村上春樹と親交が深く、短編集『象工場のハッピーエンド』(CBS・ソニー出版)やエッセイ集『村上朝日堂』(若林出版企画)、『村上朝日堂の逆襲』(朝日新聞社)、『ランゲルハンス島の午後』(光文社)など、主に村上の文章と安西の絵による共著を多数発表した他、 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作家
  • 東京都
  • 港区
  • エッセイスト
  • エピソード
  • 漫画家
  • 絵本
  • 翻訳書
  • 著書
  • 赤坂
  • ター
  • トレー
  • ラス
  • 事務所
  • 兄弟
  • 建築
  • 末っ子
  • 生家
  • 祖父
  • 設計