誕生日データベース

ロビン・ウィリアムズRobin Williams

俳優コメディアン[アメリカ]

1951年 7月21日

2014年 8月11日 死去自殺享年64歳
ロビン・ウィリアムズ - ウィキペディアより引用

ロビン・ウィリアムズ(Robin Williams, 1951年7月21日 - 2014年8月11日)は、アメリカ合衆国の俳優、コメディアン。
イリノイ州シカゴ出身。
父親がフォード社の重役という裕福な家庭に育つ。
カリフォルニア州マリン郡の高校を卒業し、マリン大学で演技を学び、奨学金を得てジュリアード音楽院の演劇科に3年間在学、演技力に磨きをかけた。
『スーパーマン』などで有名なクリストファー・リーヴとはジュリアード時代からの親友であり、彼の死後も息子ウィルの後見を務めていた。
役者としてのキャリアは、スタンダップ・コメデイアンとしてのライブ出演で始まり、その後1978年から1982年にかけて放送されたテレビシリーズ『モーク・アンド・ミンディ』(ABC)で初めて有名になった。
この時期ドラッグとアルコールに溺れてしまうが、克服する。
2005年公開の『ビッグホワイト』撮影時に禁酒を破っていることが発覚するも、2006年リハビリテーション施設に入り克服し出所、撮影に復帰する。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

米国の俳優。1951年シカゴ生まれ。父は米自動車大手フォードの重役。幼少期をデトロイトで過ごした後、クレアモント・カレッジに進んで政治学を学んでいたが、演劇を学ぶためにマリン大学に移り、更に奨学金を得てニューヨークの名門ジュリアード音楽院演劇科で学んだ。1人で舞台に立ち観客を笑わせる米国特有の芸人、スタンダップ・コメディアンをしていた70年代半ば、スカウトされてテレビドラマ「ハッピーデイズ」に宇宙人役で出演。映画には77年から出演し、80年「ポパイ」で初主演した。以後、数々の映画で、人間味あふれる役柄を好演。「グッドモーニング、べトナム」(87年)で初めてアカデミー賞にノミネートされ、「いまを生きる」(89年)、「フィッシャー・キング」(91年)でも候補入りし、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」(97年)で、妻を亡くした精神分析医を演じて98年の第70回アカデミー賞で助演男優賞を受賞した。この他、代表作として「ガープの世界」(82年)、「レナードの朝」(90年)、「ミセス・ダウト」(93年)などがあり、ゴールデングローブ賞を6度受賞している。シリアスな役やコミカルな役だけでなく、2002年の「ストーカー」や「インソムニア」では悪役を演じた。 親日家として知られ、映画の宣伝などで何度も来日。任天堂のゲームソフト「ゼルダの伝説」の大ファンで、娘にゼルダと名前を付け、同ゲームソフトのテレビCMで共演したこともある。親しみやすい人柄で日本のファンも多い。 多くのチャリティ活動を続けており、ジュリアードの同期生でスーパーマン役として有名なクリストファー・リーブが脊髄(せきずい)を損傷 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • コメディアン
  • 俳優
  • 映画
  • アカデミー賞
  • アカデミー
  • ウィル
  • グッド
  • シリーズ
  • テレビ
  • ハンティング
  • 出演作
  • 助演
  • 反応
  • 受賞歴
  • 合衆国
  • 男優賞
  • 私生活
  • 芸風
  • アメリカ
  • ノミネート
  • メリカ
  • 授与